カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 事故予防・安全 >
  4. 室内 >
  5. 赤ちゃんのうっかり事故を防ぐには?ドア・お風呂・洗面所編

育児・子供の病気

赤ちゃんのうっかり事故を防ぐには?ドア・お風呂・洗面所編

%E3%81%8A%E9%A2%A8%E5%91%82(1).jpg

赤ちゃんがいるご家庭では、赤ちゃんの事故やケガを防ぐためにいろいろな工夫が必要ですよね。

 

ここでは赤ちゃんの思わぬ事故やケガを防ぐために気をつけたいこと、やってはいけないことを「ドア・お風呂・洗面所」を中心にまとめてみました。

 

ドアで注意すること

ふすまや引き戸など横開きの扉では、スライドした時に2枚の扉が重なる部分に指をはさんだりすることがあります。
開け閉めするときには、重なる部分に子供がいないか確認してから動かしましょう。

 

また、ちょうつがいで開け閉めするタイプのドアは、ちょうつがいでできたドアと壁の隙間に指をはさんでしまうことがよく起こります。

 

これには、ドアの隙間部分をダンボールや牛乳パックを使って防ぐといいでしょう。

子供の身長ぐらいまでの高さ分を防げば大丈夫です。

 

お風呂で注意すること

お風呂で起こる事故で一番怖いのが、浴槽で溺れてしまうことです。歩けるようになった赤ちゃんが、お母さんが目を話したすきにお風呂の残り湯で溺れてしまうことがよくあります。

 

お風呂の残り湯は捨ててしまうか、取っておくときは必ずフタをするようにしましょう。

 

そのほかには転倒なども怖いです。お風呂の床ですべらないようにお風呂マットをひくなどするといいでしょう。

 

事故防止のために子供から目を離す時は浴室の扉は必ず閉めておきましょう。

 

洗面所で注意すること

洗面所の棚や引き出しを開けて、化粧品や洗剤を誤飲してしまうのを防ぐため、そうしたものが閉まってあるドアには開けられないような器具を取り付けましょう。

 

または誤飲しそうなものは子供の手の届かないところに置きましょう。

 

またドライヤーや電気カミソリなどがコンセントにさしっぱなしになっていると、子供が濡れた手で触り感電してしまう危険性も出てきます。

 

電化製品はコンセントにさしっぱなしにせず、コンセントを抜いて子供の手の届かないところへ収納しておきましょう。

 

ドアは指をはさまないように気をつけ、お風呂や洗面所では水と電気の事故に十分気をつけましょう。

 

(Photo by:写真AC

著者: mikanman09さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

室内に関する記事

高所平気症はなにが危険?4歳までに治すべき、高所平気症とその治し方

マンションの高層階に住んでいるというお子さんは、高所「平気」症ではありません...

【1歳-1歳6ヶ月頃】たっち~あんよ時期の赤ちゃんにおすすめの室内環境の作り方

赤ちゃんによって個人差はありますが、1歳になるころにはたっち、あんよができる...

室内の体験談

赤ちゃんと犬との生活

我が家には2匹のチワワがいます。長男とわんこ達の過ごし方にとお互いのスペースについて。試行錯誤しまし...

寝返りが完成!本当に危ない「棒」に注意

おもちゃにスプーン、ストローにハブラシ・・・ 寝返りが完成した時点で、もはや凶器でしかない棒状の何...

カラダノートひろば

室内の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る