カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 検査 >
  5. 数値 >
  6. 気にするべきは血糖値だけじゃない!糖尿病患者さんが気にするべき「血圧」とは

生活習慣病

気にするべきは血糖値だけじゃない!糖尿病患者さんが気にするべき「血圧」とは

f7a501166b80f7b4df87b4a0963c1bdb_s.jpg

糖尿病患者さんはどうしても「血糖値」にばかり目が向きがちです。
しかしながら、糖尿病患者さんが血糖値と同様に気にしなければいけない数値があります。
その一つが「血圧」です。

糖尿病患者さんが気にするべき「血圧」の値についてまとめました。

 

糖尿病患者さんに多い合併症「高血圧」

糖尿病というのは高血糖の状態が続きます。
高血糖の状態というのは血液の中に糖が多くある状態です。
血中に余計なものがたくさんあるというのは、当然血管にも悪影響です。

そのため、血管のダメージが健康な人よりも多くなってしまい、それが蓄積されて高血圧になりやすいのです。

 

 

糖尿病だから過程で血圧を測るべき!

糖尿病の方は普段の血糖値のコントロールのために、簡易血糖測定器を持っている方もいるでしょう。
もしあなたが血糖値に加え血圧も高いと言われているのなら、血糖測定器に加えて「家庭用血圧計」も追加した方がよいかもしれません。

 

高血圧を生じた場合、全身の血管がダメージを受けます。
糖尿病にも多くの合併症がありますが、高血圧と併せた場合最も危惧されるのが心臓や脳に起こる合併症です。

 

心筋梗塞や脳梗塞などは起こってしまえば、そのまま亡くなることも決して珍しくはありません。
そうなる前に、きちんと血圧コントロールもしておくべきなのです。

 

 

糖尿病患者さんがする、家庭での血圧チェック

健康な人や予備軍の人が行う血圧チェックと、糖尿病患者さんがするそれは同じではありません。
どんな点が違うのでしょうか?

 

・目標値

130/80mmHg未満

 

糖尿病患者さんの場合、降圧目標値は一般の人よりも厳しめに設定してあります。

さらに家庭で測る場合リラックスした状態になりますから、その意味でもうすこし低目で考えてもよいでしょう。

もし、家庭で測ったときに135/85mmHg以上あれば高血圧と判断してよいと考えられます。



・上腕で測るタイプの血圧計

家庭用の血圧計には指先で測るタイプのものや、手首で測るタイプのものがあります。
これらは特に糖尿病患者さんなどは使うべきではありません。

というのも、糖尿病や高血圧などで血管がダメージを受けている方は、手首や指と上腕の血圧では大きく差が生じてしまうことがあるためです。

 

 

医師に相談を

高血圧が心配になって自分で血圧を測定するのはよいことです。
ですが、まずは医師に相談するのがよいでしょう。
勝手にはじめてやり方や測定のタイミングなどがぐちゃぐちゃになっていては、せっかくの測定が意味を持ちません。

担当医に相談したうえで、あなたに合った測定に仕方をアドバイスしてもらい、その上で家庭で実践してみるのがよいですね。

 

(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

数値に関する記事

実は難しい!?血糖値の正常値が知りたい!3つの血糖値の「正常範囲」を解説

「血糖値っていくつならOKなの?」と言われて「○○mg/dlだよ!」と言うこ...

ヘモグロビンA1C5%を達成するには?正常値に近づけるためにできる3つの工夫

あなたのヘモグロビンA1Cはいくつですか?糖尿病でない人は「?」かもしれませ...


糖尿病には3つの型があるって知ってる?糖尿病診断の前に知っておこう

2型糖尿病の診断には、血糖値はもちろんのこと、家族歴や体重歴、生活習慣などか...

重要なのは「空腹時血糖値」?「食後血糖値」?どっちの血糖値を大事に考えるべき?

血糖値の数値には色々と種類があるのを知っている人もいるでしょう。その中で「食...

カラダノートひろば

数値の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る