カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. 胸部 >
  5. 乳児・幼児に多い「気管支炎」かかってしまったらどうする?自宅でできるケア

育児

乳児・幼児に多い「気管支炎」かかってしまったらどうする?自宅でできるケア

c062632e354fab9cf6f468ef8cde41f3_s.jpg

子どもの咳がひどかったので、病院に連れていったら気管支炎と診断された…という経験のある人も多いのではないでしょうか。「気管支炎(きかんしえん)」は、風邪やインフルエンザなどのウイルスや細菌が気管支にまで進み、痰や咳といった症状を引き起こす病気です。

 

子どもは注意が必要

抵抗力の低い乳幼児から、小児期にかけてとくにかかりやすいので注意が必要です。

では、気管支炎にかかってしまった場合、どうすればいいのでしょうか?

今回は気管支炎の治療方法や自宅でできるケアなどを中心に、まとめてみました。

 

気管支炎の症状

発熱や咳がおもな症状です。ただし発熱はないこともあります。

咳は痰がからんだゴロゴロとしたものであることが多く、乳幼児はもともと気管支が細いため、呼吸が苦しそうな様子が見られることもあります。

「ゼーゼー」や「ヒーヒー」といった喘鳴をともなうようになると「喘息様気管支炎」という別の病気になります。

気管支炎の治療方法

原因のほとんどが風邪やインフルエンザなどのウイルス性のものなので、抗生物質が効きません。

去痰剤や気管支拡張剤を用いた対症療法が中心となり、ただし細菌感染を予防するといった意味合いで抗生物質が投与されることもよくあります。 

基本的には安静にして、症状が落ち着くのを待つことになります。

気管支炎の自宅でのケア

症状が落ち着くことが治癒への一番の近道になりますので、基本的に安静にさせましょう。

水分は十分に摂取させ、また室温と湿度に気を配ります。

部屋は暑すぎず寒すぎない適温を保つようにし、加湿器や濡れタオルなどを用いて部屋を十分に加湿します。 

呼吸を苦しがるときは衣類をゆるめたり、上体を少し起こさせて休ませるなど、少しでも楽な状態で休めるように工夫してあげましょう。

痰がうまく出せない乳幼児は、背中や胸を軽くたたいてあげると痰が切れやすくなります。

気管支炎の予防方法

風邪やウイルス感染から気管支炎になることが多いため、手洗いやうがいを徹底して普段から予防をこころがけましょう。

風邪の流行する時期にはマスクを着用するのも有効です。

(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

胸部に関する記事

先天性心疾患「心房中隔欠損症」とは?症状と治療方法

「心房中隔欠損症(しんぼうちゅうかくけっそんしょう)」は、先天性の心疾患...

早期治療が一番のカギ!男児に多い「大血管転位症」のチアノーゼ症状…

「大血管転位症(だいけっかんてんいしょう)」とは、新生児期にあらわれる先天性...

病気と症状の体験談

正月に発熱~病院も正月休みで初めての救急へ~

娘が12月中旬に一度風邪をひき、薬を飲ませ完治。年末年始にまた風邪を引くことはないだろうと思っていま...

1歳1か月で、突発性湿疹になりました

我が家の三女、1歳1か月 先日、ついに突発になりました~高熱が4日間!!先日、我が家の三女が突...

カラダノートひろば

胸部の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る