カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. 胸部 >
  5. 先天性心疾患「心房中隔欠損症」とは?症状と治療方法

育児

先天性心疾患「心房中隔欠損症」とは?症状と治療方法

c96d300f661b7ce9852d24a3d1ebe5af_s.jpg

「心房中隔欠損症(しんぼうちゅうかくけっそんしょう)」は、先天性の心疾患のなかでも比較的多い病気のひとつです。

10002000人に1人の頻度で見られ、先天性心疾患全体のおよそ710パーセント程度を占めます。

性差のない心室中隔欠損症とは違い、男性より、比較的女性に多い病気のようです。

 

では、心房中隔欠損症と診断されたらどうしたらいいのでしょうか?

今回は心房中隔欠損症のおもな症状のほか、治療方法を中心にまとめてみました。

 

心房中隔欠損症とは

心臓には、そもそも「右心房」「右心室」「左心房」「左心室」という4つの部屋が存在しています。

心房中隔欠損症とは、このうち左心房と右心房の間になる壁、「心房中隔」に穴があいてしまう病気のことです。

本来、この心房中隔によって2つの心房は区切られていますが、穴があくことで左心房の血液が右心房に流れ込んでしまうのです。

 

心房中隔欠損症の症状

心房中隔欠損症の症状は一般的に軽く、大人になるまで症状があらわれないことも少なくありません。

ただし、心房中隔欠損症の状態が長く続くと、とくに負担の大きい右心室が障害を受け、不整脈や右心不全を起こしたり、右心室の機能が低下するおそれがあります。

 

症状が進行すると息切れや呼吸困難を起こしやすくなり、また風邪をひきやすくなったり、いざ風邪をひいた場合に治りにくくなったりします。

 

心房中隔欠損症の治療方法

心室中隔欠損症と同じく、心雑音のみで発見が可能です。

穴は基本的に自然に閉じることが多く、8mm以下の小さな穴であれば一歳半ごろには閉じるようです。

 

ただし、心不全や心房細動を起こすようになると、放置は危険なため穴を閉じる手術が必要になります。

目安として、肺に流れる血液の量が全身への血流の2倍以上になったときには、手術が必要です。

手術時期は45歳ごろが多いようですが、できるだけ早期に行うことが望ましいとされています。

 

手術後の合併に注意

手術後は脳や肺、心臓に合併症が起こることがあり、そのため手術後2週間は検査入院が必要となります。

 


 

(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

胸部に関する記事

胸にくぼみが!乳児・幼児期に気づく!漏斗胸と診断された場合の治療法

胸のくぼみ、胸の痛みや息苦しさを感じたら、もしかすると漏斗胸かもしれません。...

血管が逆にくっついている!「大血管転位」、いつ、どんなふうに治療していく?

心臓がそれぞれの部屋を持ち、それぞれに血管をつないでいるのは、種類の違う血液...

病気と症状の体験談

正月に発熱~病院も正月休みで初めての救急へ~

娘が12月中旬に一度風邪をひき、薬を飲ませ完治。年末年始にまた風邪を引くことはないだろうと思っていま...

1歳1か月で、突発性湿疹になりました

我が家の三女、1歳1か月 先日、ついに突発になりました~高熱が4日間!!先日、我が家の三女が突...

カラダノートひろば

胸部の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る