カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 耳・鼻・口・喉 >
  5. 子どもの滲出性中耳炎 >
  6. 子どもの中耳炎を長引かせると「滲出性中耳炎」になる!?滲出性中耳炎の治療法

育児・子供の病気

子どもの中耳炎を長引かせると「滲出性中耳炎」になる!?滲出性中耳炎の治療法

%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%

子どもは、風邪を引いた時などに中耳炎になりやすいです。

中耳炎とは、風邪などの菌が耳の奥に入って、うみがたまることです。

耳から菌が入るのではなく、鼻から入ります。

 

子どもは大人よりも、鼻と耳を繋ぐ管が短くて太いので、菌が入りやすく中耳炎になりやすいのです。

 

ここでは、中耳炎になった時に併せて気を付けたい「滲出性中耳炎」について説明していきます。 

 

滲出性中耳炎ってなに?

滲出性中耳炎は「しんちゅつせい中耳炎」と読むのですが、これは、中耳炎が治りかけていてまだ耳の奥にうみが残っている状態をいいます。

要するに、中耳炎の治る途中の段階のことを滲出性中耳炎というのです。

 

子どもは、風邪のたびに中耳炎になる子がいるほど中耳炎にはなりやすいものです。 

そのため、滲出性中耳炎も子どもがよくかかる病気のひとつなのです。

 

・痛みはない?

症状としては、聞こえにくいということです。

中耳炎のなおりかけなので、中耳炎の時の痛みや発熱がほとんどありません。

そのため、気づきにくい場合が多いです。 

特に赤ちゃんは自分で聞こえにくさなどは訴えられません。 

 

後ろから声をかけても反応が薄いなど、いつもと違う様子なら一度耳鼻科へかかりましょう。 

 

診断されたらどうする?

滲出性中耳炎と診断されたら、大切なことはきちんと治るまで治療を続けるということです。

うみが残ったままで治療を中断してしまうと、それがまた中耳炎の原因になり、慢性的に中耳炎になってしまう可能性があります。 

 

また、発育にも影響が出るといわれていますので、きちんと完治するまで長期であっても頑張ることが大切です。 

 

 

滲出性中耳炎の治療法は?

原因は鼻からきていますので、鼻の症状を抑えることが一番の治療法です。

鼻水のくすりを処方される場合もあります。

自分で鼻をかめる子は、こまめに鼻をかむようにしてください。 

 

赤ちゃんで鼻がかめない場合には、おうちでも鼻水を吸ってあげられる道具もありますので、こまめに吸ってあげましょう。

 

3ヵ月以上治らない場合は、鼓膜にチューブを入れてうみを出す治療法があります。

 

・鼓膜切開をする場合も…

聞こえにくい状態が続いて、生活に支障がでるほどであれば、鼓膜を切開してうみを出す場合があります。

かかりやすい子は、何度も切開することもあります。 

赤ちゃんは抵抗して暴れてしまうので、全身麻酔をする場合もあります。

 

なるべくなら、切開しないで治してあげたいですよね。

普段から鼻をすする子は、気にしてあげてこまめに鼻水を取り除いてあげてください。

 

 

かぜを引いたら耳鼻科がいい?

小学生までの子どもは、風邪のたびに中耳炎になっている場合があります。 

症状がなく、気づかないうちに中耳炎になっていることも。 

鼻かぜを引いたら、念のため耳鼻科にかかるのもよいでしょう。

 

滲出性中耳炎は、きちんとうみが完全になくなるまで長期的に治療しなければいけません。

病院に通うのは大変なことですが、軽いうちは早く治りますので家族で協力して頑張りましょう。

 

(Photo by:写真AC

著者: katsuoさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

子どもの滲出性中耳炎の体験談

耳鼻科初体験

4ヶ月頃のある日、息子がよく耳を触っているな~と思っていると、 耳の穴から黄色い汁が!! び...

カラダノートひろば

子どもの滲出性中耳炎の関連カテゴリ

子どもの滲出性中耳炎の記事ランキング

子どもの滲出性中耳炎の人気体験談ランキング

育児・子供の病気のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る