カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 胸部 >
  5. 房室中核欠損 >
  6. 心臓内に大きな穴が…「房室中隔欠損症」とは?おもな症状と治療方法

育児・子供の病気

心臓内に大きな穴が…「房室中隔欠損症」とは?おもな症状と治療方法

ebc8be157fa5ba74911bd2c252fd949a_s.jpg

「房室中隔欠損症(ぼうしつちゅうかくけっそんしょう)」は、先天性心疾患のひとつです。

心内膜床欠損症とも呼ばれ、心臓内に大きな穴があいている状態のことです。

 

では、房室中隔欠損症と診断されてしまった場合、どうすればいいのでしょうか?

今回は房室中隔欠損症の治療方法を中心にまとめてみました。

 

房室中隔欠損症とは

心臓は、生まれつき「右心房」「右心室」「左心房」「左心室」の4つの部屋に分かれています。

房室中隔欠損症は、それぞれの部屋がつながる部分に穴があいてしまった状態をいいます。

 

心房の間に穴があいている状態を不完全房室中隔欠損症と呼び、心房と心室の両方に穴があいている状態を完全房室中隔欠損症と呼びます。

完全房室中隔欠損症であった場合、ダウン症候群を合併することが多いといわれています。

 

房室中隔欠損症の症状

生まれてすぐは肺に血液が流れにくく「肺高血圧」の状態ですが、その後しだいに心臓にあいた穴を通って肺に多くの血液が流れ込むようになり、「高肺血流」の状態になります。

そのため呼吸困難や心不全を起こしやすく、ミルクの飲みが悪かったり、体重が増えにくいなどの症状があらわれます。

 

弁の異常で血液が逆流するようになると、皮膚や粘膜が紫色になるチアノーゼが見られるようになります。

 

房室中隔欠損症の治療方法

完全房室中隔欠損症の場合、新生児期に肺動脈絞扼術という手術を行い、乳児期に心内修復術を行うことがあります。

肺動脈絞扼術は行わない場合もあります。

不完全房室中隔欠損症の場合、1~4歳ごろを目安に心内修復術を行うことが多いようです。

心内修復術について

心臓にあいた穴をふさぎ、房室弁を形成する手術です。

本来2つに独立しているはずの房室弁が、完全房室中隔欠損症の場合は分かれていない状態になっているので、心内修復術ではこれを2つに分ける処置を行います。

肺動脈絞扼術とは

肺動脈のまわりにリボン状のテープを巻き、肺動脈を細くすることによって肺への血流を抑える処置を行います。

そうすることで高肺血流が改善され、呼吸困難や心不全がよくなり、ミルクの飲みがよくなります。

その結果体重や体力が増えるので、手術に耐えられるようになります。

(Photo by:写真AC

著者: yuimaruさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

房室中核欠損に関する記事

ダウン症候群を伴うことが多い!?房室中隔欠損の症状とは

  房室中隔欠損という症状をご存知ですか?あまり聞き慣れない病名ですよね。心臓...

病気と症状の体験談

あかちゃんの皮膚トラブル対処法!

生後0~1か月の頃は脂漏性湿疹で皮膚ケアをがんばる日々でしたが、やっと完治。しかし、今度は生後二ヶ月...

脂漏性湿疹や汗疹、湿疹。あかちゃんの皮膚トラブル

あかちゃんのお肌はとても繊細。新生児期は脂漏性湿疹に悩まされましたが、3ヶ月ごろは首や足の付け根の深...

カラダノートひろば

房室中核欠損の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る