カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 耳・鼻・口・喉 >
  5. 口蓋裂 >
  6. 先天性異常 "外表奇形「口蓋裂」"とは?特徴と治療法について

育児・子供の病気

先天性異常 "外表奇形「口蓋裂」"とは?特徴と治療法について

33db49181fb570642fafa3b010c3c9c6_s.jpg

「口蓋裂(こうがいれつ)」は先天性異常のひとつで、口腔や顎に生じるもののなかでもっとも多い外表奇形です。

400600人に一人の割合であらわれるともいわれています。

 

口蓋裂で子どもが生まれた場合、大変なショックを受けるお母さんも多いかと思います。

その後の治療のことを考えて不安になったり、無事に治るのかと疑問に思ってしまったとしても無理もありません。

しかし口唇裂や口蓋裂は、きちんと治療を続けることで必ず治るものなのです。

 

では、子どもが実際に口蓋裂で生まれた場合、どのように対処すればいいのでしょうか。

今回は口蓋裂の特徴をはじめ、その治療方法についてまとめてみました。

 

口蓋裂とは

胎児のときは、どんな人でも口蓋裂の状態です。

しかし本来であれば生まれるまでにくっつくはずの口蓋突起、いわゆる上あごが、なんらかの原因でくっつかないままに生まれた場合に口蓋裂であると診断されます。

口蓋裂のまま、生まれてしまうはっきりとした原因は、現在でもわかっていません。

 

また、上唇が裂けたまま生まれてしまう口唇裂と合併することも多いといわれています。

ただし口蓋裂のみの発現であれば、口を閉じれば見た目には奇形とわかりません。

 

口蓋裂によって生じる問題

口腔と鼻腔が直接つながってしまうため、空気が漏れてしまうことで発語が難しかったり、食べ物をうまく食べることができなかったりといった問題が生じます。

乳児のうちはうまく哺乳ができず、鼻からミルクが出てしまうことも多くあります。

口蓋裂があると、中耳炎にかかりやすくなることもあるようです。

 

口蓋裂の治療方法

哺乳が困難な場合、哺乳を補助するためにマウスピースのようなものを作って口蓋裂の部分に装着することがあります。

その後、1歳~16カ月ごろを目安に手術を行います。

口蓋裂の部分をふさぎ、食べ物をうまく飲み込めるようにし、その後の発語や発音が正常に身につけられるようにします。

 

口唇裂・口蓋裂を合併している場合

口唇裂と合併している場合、手術以外にも小児科管理や言語発達管理の側面から、成人まで長期的に治療を行う必要があります。

見た目の奇形を治すだけでなく、言葉や噛みあわせといった部分でも正常に成長できるよう、さまざまなサポートが必要なのです。


 

(Photo by:写真AC

著者: yuimaruさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

口蓋裂に関する記事

哺乳障害・言語障害・中耳炎…口蓋裂で注意しなければいけない合併症とは?

お腹の中の赤ちゃんは「口蓋裂です」と言われたら…多くのママ・パパは驚くでしょ...

先天奇形「口蓋裂」…手術のタイミング、術後の訓練…再手術はあるの?

普通上あごが裂けていることはありません。けれど、それが生まれつき起こるのが「...

病気と症状の体験談

あかちゃんの皮膚トラブル対処法!

生後0~1か月の頃は脂漏性湿疹で皮膚ケアをがんばる日々でしたが、やっと完治。しかし、今度は生後二ヶ月...

脂漏性湿疹や汗疹、湿疹。あかちゃんの皮膚トラブル

あかちゃんのお肌はとても繊細。新生児期は脂漏性湿疹に悩まされましたが、3ヶ月ごろは首や足の付け根の深...

カラダノートひろば

口蓋裂の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る