カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. やけど >
  5. 赤ちゃんがやけどをしたときの応急処置とは?受診の目安を知ろう

育児・子供の病気

赤ちゃんがやけどをしたときの応急処置とは?受診の目安を知ろう

%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%96.jpg

赤ちゃんの事故で多い「やけど」。
特に冬場などはストーブやファンヒーターなどの使用機会が増えるため、親は細心の注意を払わなければなりません。

 

では、もし赤ちゃんがやけどをしてしまった場合、親はどう対処すればいいのでしょうか?

ここでは赤ちゃんがやけどをしたときの応急処置、受診の目安についてまとめてみました。

 

第一に"冷やすこと"

やけどをしたら範囲の大小に関わらず、一刻も早く水道水などで冷やします。

流水で最低20分から30分は冷やしましょう。

 

胴体など水をかけにくい部位のやけどは、氷を包んだタオルを当てて冷やします。
氷がなければ濡れタオルでもいいでしょう。

市販の冷却シートは患部に成分が付着して化学反応などを起こすことがあるので、使わないでくださいね。

 

やけどをした部位に衣服がくっついている場合は無理にはがさず、服を着たまま冷やします。

 

こんな場合は救急車を

全身、または広範囲におよぶやけど(顔全体、片腕全体、片足全体などにやけど)をしている場合は一刻も早く病院に連れて行かなければなりません。
冷やしながら救急車を呼びましょう。

 

広範囲のやけどを冷やすときは服を着たまま浴槽に浸からせるか、水で濡らしたバスタオルで全身を包んで冷やします。

 

赤ちゃんの意識がなかったり、やけどした皮膚が黒や白に変色しているような場合も同じく救急車が必要です。
皮膚の変色は皮下組織や筋肉が破壊されて起こる現象なので、至急専門医による治療が必要です。

 

受診の目安は

赤ちゃんのやけどの大きさが10円玉以下ぐらいで赤くなっただけの場合は、流水で冷やしたのち、やけど用の軟膏を塗って、自宅で様子をみてもいいでしょう。

 

水ぶくれができたときは破らないように気をつけながら冷やし、病院を受診します。

またやけどの範囲は小さくても性器や顔など、後遺症が心配な部位にやけどをしたときも、冷やしたのち病院へ行きましょう。

 

赤ちゃんのやけどはそのほとんどが大人の不注意からおこります。
調理器具や暖房器具の熱風に赤ちゃんが近づかないように、細心の注意を払いましょう。

 

もしやけどをした場合は慌てず冷やし、やけどの症状にあわせて冷静に対処していきましょうね。

 

(Photo by:写真AC

著者: mikanman09さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

やけどに関する記事

早急な手当てが必要な子どものやけど

       子どもは思いもよらぬことでケガをすることがあります。切り傷や擦...

子どもも親も不安の顔のやけど

  やけどをするとその箇所が痛みを伴いますから、子どもの場合は特に泣いてしまっ...

やけどの体験談

子供のやけど・けが~応急処置について~

お子さんが火傷やけがをしてしまったら・・ どのように対処すればよいのでしょうか? 1番大切な...

生後6ヶ月◇子供のやけど

目を離していないつもりでも、危険はつきものです。上の子に気をとられていた数秒の間に事故が起こりました...

カラダノートひろば

やけどの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る