カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 治療 >
  5. 糖尿病を手術で治せる!?「手術を受けられる条件」と気になる「手術の選択肢」

生活習慣病

糖尿病を手術で治せる!?「手術を受けられる条件」と気になる「手術の選択肢」

 1ba24b3964571be4442b7967819792f7_s.jpg

糖尿病は治らない病気だと思っていませんか?実際、糖尿病は一度発症したら一生おつきあいしていかなければいけない病気であると言われています。しかし、そうではなくなるかもしれません。

 

肥満を手術する

あまりにも体重が増えすぎてしまった人が、手術で肥満を解消するというのを聞いた事がないでしょうか?

 

血糖値が高い人の中にも肥満気味の人は多くいますよね。血糖値が高くなるとインスリンの働きによって、中性脂肪が増えやすくなります。それによって、脂肪が蓄積されやすくなって肥満になりやすくなるのです。

 

その糖尿病を肥満手術によって、「治す」方法が注目されています。

 

糖尿病で肥満手術をする

糖尿病なら誰でも肥満手術が受けられるということではなく、条件があります。

・BMIが32以上

体重が増えすぎてしまって手術を行うという場合は、「美容目的」となります。ですが糖尿病などの病気の改善のためであれば「治療目的」となります。

美容目的であれば、BMI(体格指数)が35以上が条件であり、治療目的であればBMIが32以上が条件になります。

 

※BMI=体重kg×(身長m÷身長m)
 

・他の治療をしっかり実施した上で

最初から肥満手術が治療の選択肢になってくることはありません。食事療法・運動療法・薬物療法と言った他の治療法を十分に実施した上で、選択肢に上がってくるということになります。

3つの手術方法

日本肥満治療学会が定める手術には、以下の3つがあります。

・胃バイパス術

胃袋を鶏の卵の大きさに切除して、その部分に小腸をくっつける手術です。これによって食べ物が、小さくなった胃から直接小腸にバイパスされるようになります。そして胃や十二指腸などに食べ物が通らなくなるため、食事の量や吸収量が低下します。

 

・胃バンディング術

これは胃の上部をバンドで縛り、小さな胃と大きな胃に分割する手術です。バンドの締め付ける圧力は管を通して調整することができ、いざとなれば取り外すこともできます。

・スリープ状胃切除術

胃の一部を切除して細いバナナのような形にします。容量が60100mLになる程度に小さくし、切りとった胃は取り出してしまいます。

 

日本ではまだまだ

こうした肥満手術の例は、日本ではまだあまり多くありません。一方でアメリカでは肥満自体が多く問題になっていることも手伝って、手術の実績が多くあります。糖尿病で肥満手術が広く普及するのは、日本ではまだ少し先の話かもしれませんね。
(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

血糖値を下げるのはインスリンだけ

 人体は様々なホルモンが分泌されることで、身体機能の様々な調節を行います。血中の...

一生続けなければ意味がない、糖尿病治療!画期的な新薬「DDR-4阻害剤」知ってますか?

  糖尿病を甘く見ているととんでもないことになる理由のひとつが、 その治療費で...


運動するにもコツがある!糖尿病における運動療法のポイント3つ

糖尿病患者にとって、運動療法は食事療法と違ってなかなか骨のおれるもの。日ごろ...

糖尿病を発症している妊婦の食事管理の基本について

    妊婦の食事管理は普通でも大変です。さらに糖尿病を発症していればかなり...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る