カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 治療 >
  5. 糖尿病と肥満のふかーい関係…どうして肥満を手術で解消すると糖尿病が治るのか?

生活習慣病

糖尿病と肥満のふかーい関係…どうして肥満を手術で解消すると糖尿病が治るのか?

 e437ecd67adc79bad40ad6f258316f36_s.jpg

生活習慣病は一度発症したら、「一生付き合っていく」あるいは「治らない」ことでよく知られていると思います。しかし今、糖尿病を「治す」方法が注目を集めています。

 

肥満手術で血糖値が正常に?

糖尿病というのは、1型糖尿病と2型糖尿病のふたつに分けられます。その内、生活習慣病と結び付けられるのが2型糖尿病です。

 

この二つの違いはインスリンの分泌です。1型糖尿病はインスリンの分泌量が十分でなくなる糖尿病ですが、2型糖尿病はインスリンの分泌は十分にされています。しかし2型糖尿病の場合、インスリンがよく効かないことで、糖尿病になってしまいます。

 

よくインスリンの抵抗性が強いという言われ方をしますが、この2型糖尿病を肥満手術で治せる可能性があるのです。

糖尿病と肥満の関係

糖尿病は肥満が先行していることもあれば、糖尿病になったために肥満になりやすくなったこともあるでしょうが、肥満と糖尿病には深い関係があります。

 

2型糖尿病ではインスリン自体はたくさん分泌されています。そのため血中にインスリンがたくさんある状態が続きます。しかしこの状態では、インスリンは血中のブドウ糖を脂肪に作りかえる働きをしてしまうのです。

 

そのため糖尿病になると、肥満になりやすくなります。そして肥満になると筋肉や肝臓に脂質が蓄積しますので、筋肉細胞のインスリン受容体が減り、糖尿病にますます拍車がかかってしまいます。

 

糖尿病と肥満の悪循環に陥ってしまうのです。

 

なぜ肥満を解消して糖尿病が治る?

実際に糖尿病で肥満手術を受けた方の多くが、「糖尿病診断条件から完全に外れた」あるいは「血糖コントロールが改善した」という結果を得ています。

 

ではなぜ、肥満を解消することで糖尿病までも改善するのでしょうか?実際原因がしっかりと立証されているわけではありませんが、考えられている要因を挙げていきます。

 

・血糖値を下げるホルモンの分泌が増える

胃の入り口付近からバイパスを作り、胃や十二指腸を通らず直接小腸に届くようにする肥満手術があります。この場合、食べたものが直に小腸の下の方に届くようになります。それによって、その部分にある内分泌の細胞から、血糖値を下げるホルモンの分泌が増えると考えられています。

 

・グレリン濃度の低下

グレリンというのは、胃から分泌されるホルモンで、空腹を脳に伝えるものです。胃のバイパス手術を受けると、このグレリンの濃度が低下することが確認されています。これによって空腹感が減るため、大食いをしなくなると考えられます。

 

これから期待される治療法

最初に糖尿病を「治す」と書きましたが、実際には「糖尿病の診断基準から外れる」ということです。そのため、治ったからどんな生活をしてもよいということではなく、やはり健康に気を使った生活をしていくことは重要になります。

 

この方法はまだまだ分かっていないことも多く、これからより確実な根拠などが期待されます。ただ、糖尿病との付き合いが長い患者さんや、インスリンが不可欠という方の場合、手術を受けても治療効果は半減してしまうようです。

自分の病状を見極めつつ、治療の方法や効果などについてアンテナをはっておきたいですね。
(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

血糖値は低くすることにこだわらない

   血糖値が高い状態が続く糖尿病の治療は、血糖値を低く維持することを治療の要と...

かかるお金は年間◯◯万円!?糖尿病患者の治療費の負担はどれくらい?

  糖尿病というと医療費負担も大きいのではないかというイメージがあるかもし...


糖尿病で起こる神経障害、根本治療は薬物治療!

  当たり前ですが血糖値が高い状態が続くのは、体によいものではありません。高血...

1型糖尿病女性(日本・アメリカ)の平均寿命の比較と治療法

   一般論として、1型糖尿病患者の平均余命は、健常者よりも15年短いとされて...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る