カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 耳・鼻・口・喉 >
  5. 子どもの急性鼻炎 >
  6. 乳幼児は急性鼻炎になりやすい!治療法・対処法を抑えておこう

育児・子供の病気

乳幼児は急性鼻炎になりやすい!治療法・対処法を抑えておこう

%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%

子どもはよく風邪をひきますが、特に鼻水を伴った風邪が多いですよね。

ウィルスが体に入り込んで、鼻の粘膜に炎症が起こります。これこそが「急性鼻炎」なのです。

 

ここでは、乳幼児が急性鼻炎になったときの対処法を説明していきます。

乳幼児が急性鼻炎になりやすい理由

乳幼児は、大人に比べて免疫力も弱く、風邪をひきやすいです。

そのため、鼻の粘膜にウィルスが入り込んで急性鼻炎になることがよくあります。

乳幼児の急性鼻炎の症状は、

・くしゃみ

・鼻水

・鼻づまり

・のどの痛み

・発熱

などがあります。

 

鼻づまりによって、母乳やミルクが上手に飲めなかったり、ぐっすりと眠れずに睡眠不足になることが考えられます。

 

鼻の症状を緩和させるには?

鼻水ははじめ、サラサラの水っぽいものですが、症状が悪化してくると黄色や緑色の粘りの強い鼻水になります。

すると、さらに鼻づまりを起こしやすくなります。

鼻のかめない赤ちゃんは、鼻水吸引器などで鼻水を吸ってあげてください。

また、鼻を何度も拭くと鼻の下がヒリヒリしてしまってかわいそうなので、柔らかいガーゼなどで拭いてあげましょう。
そのあとに軟膏やワセリンや塗るのもいいでしょう。

鼻をあたためる

もうひとつ、鼻の症状を緩和させる方法として、鼻をあたためる方法があります。

蒸したタオルなどで、鼻の付け根の部分をあたためてあげると、鼻づまりが緩和されます。

 

お部屋の湿度を保ち、安静に

空気が乾燥していると、症状が悪化してしまう可能性があります。

60度くらいの湿度が最適です。

加湿器のあるご家庭では、60度に設定して使用してください。

また、濡れたタオルを部屋に干しておくことで、簡単に湿度が保てます。

 

急性鼻炎の症状は、基本的には1週間くらいで治ります。症状があるうちは、おでかけなどは控えておうちでゆっくりと安静に過ごしましょう。

 

急性鼻炎といえども、悪化させると中耳炎になったり咽頭炎になることもありますので、注意が必要です。

 

発熱・咳・鼻づまりなどの症状がひどいときは耳鼻科や小児科を受診してください。

 

鼻炎の症状を悪化させないよう、おうちでできる対処をきちんとしてあげて、早めに治してあげましょう。

 

(Photo by:写真AC

著者: katsuoさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

子どもの急性鼻炎に関する記事

乳幼児は発症しやすい!「急性鼻炎」の原因・症状・治療法

「急性鼻炎(きゅうせいびえん)」とは、いわゆる「鼻風邪」といわれる病気のこと...

子どもの急性鼻炎の体験談

子供の鼻風邪〜鼻がかめない時の対処法〜

3歳のお兄ちゃんと7ヶ月の妹が2人揃って風邪をひきました。きっと原因は私にあるんだと思われます。 ...

カラダノートひろば

子どもの急性鼻炎の関連カテゴリ

子どもの急性鼻炎の記事ランキング

子どもの急性鼻炎の人気体験談ランキング

育児・子供の病気のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る