カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 耳・鼻・口・喉 >
  5. 急性咽頭蓋炎 >
  6. 2歳~7歳の子どもがかかりやすい!急性喉頭蓋炎の治療法の基礎知識

育児・子供の病気

2歳~7歳の子どもがかかりやすい!急性喉頭蓋炎の治療法の基礎知識

%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%

子どもがかかりやすい病気のひとつに、急性咽頭蓋炎があります。

症状などがクループ症候群と似ているために区別しにくいですが、クループ症候群は2歳までの子どもに多く、急性咽頭蓋炎は2歳以降7歳くらいまでの子どもがかかるという分け方がわかりやすいです。

 

ここでは、2~7歳がかかりやすいという急性咽頭蓋炎にかかったら、どのように治療し、対処すべきかということを説明していきます。

急性咽頭蓋炎の症状

咽頭蓋というのは、声帯に蓋をしているようになった部分のことで、ここに炎症が起きて、のどの痛みとして症状がでます。
食べ物がのどを通らないだけでなく、唾を飲むことさえも痛くてできないために水分も取られない状態になります。

また、かすれたような声になることも特徴です。

急性咽頭蓋炎の原因

原因としては、ヘモフィルスインフルエンザ菌b型という細菌のよるものが多いです。

 

風邪の症状が先に出てきてから急性咽頭蓋炎の症状がでる場合と、急に症状が出る場合とがあります。

 

子どもは気道が狭いので、症状が出ると一気に腫れて呼吸困難になって命にかかわることもあるので、早急に病院へ受診する必要があります。

 

急性咽頭蓋炎の治療法

抗生物質やステロイドを点滴して、炎症や腫れをひかせます。

必要に応じて、気道を確保するために気管切開することも!
気管切開とは、喉を切開して、直接気管にチューブなどをいれて気道を確保する方法です。

吸入治療をする場合もあります。

 

軽い症状であれば、1週間以内に治ります。重症だと2週間以上かかることも…。

子どもは入院して徹底的に治すことをすすめられます。

 

命にかかわる病気です!早急に受診を

日常生活において行える対処法としては、手洗い・うがいをさせる習慣をつくってあげることです。

 

そして、子どもがのどの異常な痛みを訴えたら、早急に病院へ受診してください。
急に症状が悪化して、命にかかわることもあります。

入院施設の整っている病院を選ぶことをおすすめします。

 

急性咽頭蓋炎はこわい病気です。
かかってしまった場合も、次に同じように不安な気持ちにならないためにも、手洗い・うがいをさせて予防しましょう。

 

(Photo by:写真AC

著者: katsuoさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

病気と症状の体験談

大流行!RSウイルスにご注意。

今年はRSウイルスがかなり流行していますね。私の甥っ子、姪っ子も先月にこのウイルスにかかり大騒動でし...

赤ちゃんのめやにが多い!は眼科に行こう。鼻涙管閉塞。

長男はいつもめやにが出ていました。 めやにだけでなく、まつげがつねに濡れていました。 朝になると...

カラダノートひろば

急性咽頭蓋炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る