カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 予防 >
  5. 運動 >
  6. 糖尿病予防には筋トレも効果的!?筋肉と糖尿病の関係、そしてあなたの筋肉率は?

生活習慣病

糖尿病予防には筋トレも効果的!?筋肉と糖尿病の関係、そしてあなたの筋肉率は?

7a479b303d27baaf20ba2c5c83b46e4c_s.jpg 

将来糖尿病になるかも…と考える方はどこか思い当たる節があるのでしょう。血糖値が高めなのかもしれませんし、糖分をたくさん摂取しているのかもしれません。ではそんな人は何をすれば糖尿病の発症を予防できるのでしょうか?

 

プレ糖尿病から引き返すために

生活習慣などから糖尿病になる場合は、2型糖尿病を発症します。生活習慣などの積み重ねによってじわじわと血糖値が上昇していき、そのうち血糖値が基準値を超えて糖尿病と判断されます。

 

糖尿病を発症する前の段階は、プレ糖尿病などと言われ、この段階でならばまだ健康な体に戻れる可能性があります。引き返せない糖尿病に行きつく前に、どのような改善策があるでしょうか?

 

筋肉を増やすと糖尿病予防になる?

糖尿病の発症は肥満とも大きく関係していますから、改善策というと「減量」を思い浮かべる方も多いと思います。確かに糖尿病の方は、肥満対策は必要です。そのためウォーキングなどの有酸素運動がよく言われます。

 

一方で、糖尿病予防には筋肉をつけることも大切だと分かってきています。脂肪を燃焼させるのと筋トレというのは結び付かないように思うかもしれません。

ですが、筋トレは脂肪燃焼とは別の意味で、糖尿病の予防に効果があるようです。

・筋肉が脂肪を燃やすので結果的に肥満になりにくくなる

・筋肉中の毛細血管にインスリン受容体があり、筋肉量の減少によってブドウ糖の消費量が減少する

・肥満になるとこのインスリン受容体の働きが低下し、インスリンが働きにくい状態になる

こうした理由から、糖尿病の予防として筋トレをすることは、非常に意味があります。

 

あなたの筋肉量はいくつ?

筋トレが糖尿病予防に効果があるとなると、自分の筋肉量が気になってこないでしょうか?糖尿病予防と関係しているのは骨格筋という、体を動かすときに使う筋肉です。

この骨格筋の比率を測定できる体重計もありますが、なければ体脂肪率などから推計してみましょう。(以下体脂肪率20%として例示)

体重(kg)×体脂肪率(0.2)=体脂肪量(kg)

体重(kg)-体脂肪量(kg)=骨・内蔵・筋肉の量(kg)

骨・内臓・筋肉の量(kg)÷2=筋肉量(kg)

筋肉量(kg)÷体重(kg)×100=筋肉率(%)

 

体重に対する筋肉率が10%増加するごとにプレ糖尿病の発症リスクが約20%低下するとも言われています。

 

ちなみに成人男性の骨格筋肉率の標準は約3336%、女性は約26%~28%です。

 

気分転換に筋トレでも

糖尿病予防としては、肥満解消にもなる有酸素運動ももちろん効果的です。しかしウォーキングとなれば天候に左右されることもあります。筋トレならば家の中でできますから、ウォーキングときどき筋トレという方法でもよいかもしれませんね。
(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

運動に関する記事

気軽に通って糖尿病予防~スポーツジムへ行ってみませんか?

  糖尿病予防のためにも運動を始めたいけれど、何から始めたらいいか分からな...

妊娠前から血糖値が高い人は注意!運動で妊娠中の糖尿病を防ごう

  女性が注意したいのが、妊娠中の糖尿病です。妊娠中の糖尿病予防にも運動が...


糖尿病予防の運動の参考に!100キロカロリー分の運動量

  厚労省の調査によって、平均的に日本人は摂取カロリーが消費カロリーに対して1...

糖尿病予防には歩くことから

 糖尿病予防として効果的なのは、食事制限だけでなく適度な運動も非常に重要です。糖...

カラダノートひろば

運動の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る