カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 耳・鼻・口・喉 >
  5. 上唇小帯 >
  6. 乳児・幼児の上唇小帯に異常によって生じる問題と治療法って?

育児・子供の病気

乳児・幼児の上唇小帯に異常によって生じる問題と治療法って?

  94b26c4af5550722226adb46e6a87b4a_s.jpg

「上唇小帯(じょうしんしょうたい)」とは、上唇と歯茎をつないでいる「すじ」のことをいいます。

上唇の中央から、上の歯茎の中央に向かって伸びています。

この上唇小帯が正常な状態よりも長かったり、太かったりすると、さまざまな問題や悪影響が生じます。

 

では、その上唇小帯の異常が見られたとき、どのように対処すればいいのでしょうか?

今回は上唇小帯の付着異常について、その影響や治療方法についてまとめてみました。

 

上唇小帯の異常とは

本来、上唇小帯は歯茎の上方まで伸びているのが正常です。

しかし異常な上唇小帯の場合、太く長い上唇小帯が、上の前歯の歯と歯の間に入り込んでしまっていることがあります。

 

自然に治ることが多い

乳歯のときに上唇小帯に異常があっても、成長とともに上唇小帯の幅が狭まり、自然と切れたり歯茎の上方に移動することがあります。

そういった場合にはとくに治療の必要はなく、永久歯に生え替わってからも歯の間に上唇小帯が入り込み、問題が生じるような場合には治療を行います。

 

上唇小帯の異常によって生じる問題

永久歯の歯の間に上唇小帯が入り込むことによって、前歯に隙間ができ、歯並びに影響が出ます。

歯と歯茎の間にも隙間ができてしまうので、細菌がたまりやすく、歯茎が腫れやすくなります。

上唇小帯が邪魔をしてブラッシングがしにくいため、虫歯ができやすいという特徴もあります。

 

状態が悪い場合には発語にも影響が出て、唇の動きが悪いことで発語がしにくいという問題が生じます。

とくに上唇小帯が引き攣れることで、口を「う」の形にするのが難しくなることがあるようです。

 

上唇小帯の治療方法

治療が必要だと判断された場合、上唇小帯を切除する手術を行います。

歯茎に麻酔をしての手術になるので小さな子どもにとっては負担ですが、術後は傷もほとんど残らず、縫う必要がない場合も多いので、必要と判断された場合には躊躇せずに行いましょう。

早い時期に切除することで、隙間があいていた前歯が時間経過とともにくっつき、自然と歯並びが改善されることがあります。


 

(Photo by:写真AC

著者: yuimaruさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

上唇小帯の体験談

上唇小帯下がってる

10ヶ月検診目前に初めて娘を歯科へ連れて行きました。 そろそろフッ素を塗ってもらおうと思いまし...

カラダノートひろば

上唇小帯の関連カテゴリ

上唇小帯の記事ランキング

上唇小帯の人気体験談ランキング

育児・子供の病気のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る