カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 新生児の病気・症状 >
  5. 新生児の骨折 >
  6. 様子がおかしいな…と思ったら骨折!?新生児の骨折の見分け方

育児・子供の病気

様子がおかしいな…と思ったら骨折!?新生児の骨折の見分け方

laurel-883383_640.jpg

泣き止まないし様子がおかしいかも…と思ったら骨折!?
生まれたばかりの赤ちゃんの骨折は心配ですよね。
骨折の原因や症状について簡単にまとめました。

新生児骨折の原因は…

新生児骨折の原因は、大きく二つ考えられます。

 

1つは分娩時、産道を通る赤ちゃんが引っかかり、牽引の際に無理な力がかかることによって起こる骨折です。
もう1つは、産後、自宅での生活の中で落下や転倒してしまうことによって起こる骨折です。

 

前者の場合最も多いのは鎖骨骨折と言われており、まれに上腕骨や大腿骨の骨折もあります。

 

骨折を見分けるためには?

骨折の部位に触れると異常なほど泣く、骨折のあたりに浮腫ができて腫れている、などの症状から骨折を疑います。
ただし外から見ただけでは判断がつかないため、レントゲン写真を撮って初めて診断されます。

 

入院中は医師や看護スタッフのサポートもありますから、不安なことがあればすぐに相談しましょう。
退院後、自宅で転倒や落下が起きてしまった場合には、上記の様子が見られないかどうかチェックしましょう。

 

また、ぐったりして元気がなかったり、嘔吐していたり、腕や足が変な方向に曲がっている時も注意が必要です。
新聞紙やダンボール、板など家にあるものを副木代わりにし、受診するまでの間冷やしてあげるとよいでしょう。

 

ただし、打った場所が頭や首、背骨などの場合には大変危険ですのでむやみに動かさず、救急車を呼んで到着を待ちましょう。

 

治療方法とケアについて

新生児の骨は比較的接着しやすいので、きちんと固定して安静にしていれば比較的予後は良好といえるでしょう。

特に寝返り前の赤ちゃんであまり動きが活発でない間は、10日ほどで接着が始まり、数ヶ月もすれば後遺症もなく健康な状態に戻ることができると言われています。

 

活発に動きたい時期の赤ちゃんには大変かもしれませんが、副木をしっかりと固定して、接着させたい骨に負荷がかかりすぎないよう、ママは見守ってあげてくださいね。

 

骨折を予防しよう!

分娩時については不可抗力的なところがありますが、自宅での生活なら骨折は予防できるはずです。

・寝返りできないから、とソファやベッドに一人にしないこと
・目を離さないこと
 など落下や転倒を防ぐためにはママの見守り監督が必要です。

 

家族みんなで赤ちゃんの見守りを続け、みんなで健康的な生活を送りたいですね。

 

(Photo by:pixabay

著者: mana*さん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

新生児の骨折に関する記事

新生児の骨折ってちゃんと治るの?分娩時&産後に起こる骨折

  生まれたばかりの赤ちゃんに骨折なんて…と思うママもいるかもしれません。どん...

病気と症状の体験談

大流行!RSウイルスにご注意。

今年はRSウイルスがかなり流行していますね。私の甥っ子、姪っ子も先月にこのウイルスにかかり大騒動でし...

赤ちゃんのめやにが多い!は眼科に行こう。鼻涙管閉塞。

長男はいつもめやにが出ていました。 めやにだけでなく、まつげがつねに濡れていました。 朝になると...

カラダノートひろば

新生児の骨折の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る