カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. >
  5. 腸が腸に入る「腸重積症」は遅れると開腹手術が必要になるかもしれません

育児・子供の病気

腸が腸に入る「腸重積症」は遅れると開腹手術が必要になるかもしれません

5520d8e9118d7c2c980737c097dcf0d0_s.jpg  

腸重積症という言葉を聞いたことがあるでしょうか。乳幼児に起きやすい腸の病気です。放っておくと大変なことになるので、早めの処置を心がけましょう。

腸重積症って?

腸が腸の奥に入ってしまい起こる病気です。大人でも起こることはありますが、6ヶ月から2歳の子供に多くおこります。放っておくと、腸組織が破壊されるので、早めに診断して治療を始める必要があります。

元気だった赤ちゃんが急に不機嫌になって泣き出し、顔色が悪くなります。そしてすぐに激しくまた泣き出すということを繰り返します。発見が早いと、もぐりこんだ部分を押し出すことが出来ますが、発症から24時間以上経ってしまうと、開腹手術をしなくてはなりません。手術の場合は、2週間くらいの入院も必要になります。

 

具体的な症状は?

腸重積症は、前触れもなくいきなり起こる病気です。いきなり火がついたように泣き出し、ぐったりしてまた泣き出しを繰り返します。泣きやんだ時にお腹にしこりが出来ています。それが腸と腸が重なっている部分です。腸が腸の中にはいると激痛が起き、泣くのです。泣いてぐったりしてを繰り返しているうちにどんどん奥に入ってしまいます。

目安としては、周期的に泣いたり、ミルクを吐き出したり、お腹にしこりがあったり、血便が出ているようであればすぐに病院に行かなくてはなりません。その時には、便のついたおむつを必ず持っていきます。もし、便が出なくて分からない時は、浣腸や綿棒で刺激をして便を出してあげます。便が出ても機嫌が直らなかったり、血が混じっていたら、腸重積の可能性があります。

 

すぐ治してあげたい

泣いている赤ちゃんをずっと見ているのは辛いもので、早く治してあげたいですね。病院に行くのが一番効果的で、処理がすぐにできます。超音波検査やレントゲンで腸の部分を確認して、空気や食塩水で腸を押し戻します。多くの場合はこれだけでよくなります。

しかし、24時間以上たっていたり、空気や食塩水でも戻らない時は、手術が必要になります。手術は、開腹して腸を引き出します。入院も1週間以上かかることが多いです。気を付けることは、腸重積は再発があることです。開腹手術をした後は再び起きないように注意が必要です。よく観察して子供をみてあげましょう。

 

何も言えない赤ちゃんが病気にかかると、泣くことでしか表現できません。赤ちゃんは泣いていることが多いので、なかなか病気に気づくことが難しいのですが、普段の様子をしっかりと覚えておいて少しでも変だと思ったらすぐに受診しましょう。 

(Photo by:写真AC

著者: りゅうたんさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

腸に関する記事

ストレスが原因であることも多い~過敏性腸症候群

    過敏性腸症候群は、慢性的な下痢や便秘の症状があり、検査をしても他...

子どもが腸重積症!?異変に気づいたらすぐに病院へ!

腸重積症(ちょうじゅうせきしょう)という病気をご存知ですか?   腸重積症とは...

腸の体験談

白い便・ロタウイルス!?

先日の気管支喘息から食欲が無く、ぐずる日が続いています。 珍しく朝からウンチをしたようだったのでオ...

小腸狭窄その後

退院後の追記を少々。 家に帰ってからも、母乳だけという事はなく、エレンタールという栄養補水液のよう...

カラダノートひろば

腸の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る