カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. アンチエイジング >
  4. 食事 >
  5. 赤ワインの選び方!抗酸化能は価格帯や醸造年数によって大きく変わる?!

美容・ダイエット

赤ワインの選び方!抗酸化能は価格帯や醸造年数によって大きく変わる?!

wine-504494_640.jpg

赤ワインといえば、レスベラトロールをはじめ、抗酸化物質(ポリフェノール類)が豊富に含まれていることで有名です。

過去に行われた海外研究(Maxwellら:Lancet 1994年)では、赤ワインの300ml前後/日の摂取で、摂取後1~2時間の間は約25%程度抗酸化効果が持続することが明らかにされています。

 

また、その持続的な摂取で抗老化・抗腫瘍・抗炎症効果(C反応性蛋白の低下・インターロイキン6の低下作用など)が期待できるという研究報告もあります。

では、赤ワインの価格帯や醸造年数は、抗酸化能とどのような相関があるのでしょうか?

 

赤ワインのポリフェノールの種類

ポリフェノールとは、ベンゼン環にOH基(水酸基)が2つ以上結合した分子のことをいいますが、赤ワインには主に2種類のポリフェノールが含まれています。

 

・タンニン(カテキンの縮合体:渋みの成分)

・アントシアニン(赤みの成分)

 

年代が古く高価なものほど、抗酸化能が高い?

一般的に「年代が古く高価なもの」ほど抗酸化能が高いといわれますが、その理由は以下とされています。

 

1.長期醸造に向いているブドウ品種(南フランスのカベルネ・ソーヴィニヨンなど)は、ポリフェノールが豊富に含まれている。

2.豊富なポリフェノールがボトル中に存在すると、酸化反応がゆっくり進む。

3.また豊富なポリフェノールは、重合体を形成しやすく(但し低重合体となる。高重合体はやがて酸で分解される)高い抗酸化能を発揮する。

4.フレッシュな赤ワインに多く含まれる、ポリフェノール1分子の状態(モノマー)では、抗酸化能はそれほど高くない。

 

この理論を裏付ける研究として、高価格のヴィンテージワインと低価格のテーブルワインに含まれるポリフェノール量が分析されたところ、

 

・ヴィンテージワイン

バローロ82'(約2,900mg/L)

サンテミリオン92'(約2,100mg/L)

 

・テーブルワイン

彩・食・健・美(約4,000mg/L)

ボンヌサンテ(約3,000mg/L)

 

このように、低価格テーブルワインの方が含有量を上まわっているものもありました。

しかし、実質的なポリフェノールの形体と抗酸化能については、以下のような相関係数が出ています(日本ブドウ・ワイン学会による)。

 

アントシアニンの形体と抗酸化能の相関(係数)は?

・モノマー(単量体)約0.5

・ポリマー(重合体)約0.9

 

重合体の方が、抗酸化能と「非常に強い相関」がある(ヴィンテージワインの方が抗酸化能が高い)。

 

(※相関係数:0.3~0.5未満=非常に弱い相関、0.5~0.7未満=相関がある、0.7~0.9未満=強い相関、0.9以上=非常に強い相関)

 

最後に

まとめとして、赤ワインは高価格帯のものが抗酸化能が高く、それによる酸化・炎症反応が抑制できることが明らかになりました。

 

ただ、どれほど高用量の抗酸化物質を摂取しても、代謝によってその持続時間は数時間程度に限られてしまいます。

そのため、高価格帯のものを月に数回間欠的に飲むというよりは、低価格のものでも毎日持続的に飲むほうが(アルコール摂取に問題が無い限り)、有益になる可能性が高いとされています。

 

(参照ウェブサイト:日本ブドウ・ワイン学会きた産業株式会社独立行政法人 国民生活センターMed Edge

(photoby:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

食事に関する記事

抗糖化作用のある食材でアンチエイジング

    老化現象を抑制するアンチエイジングにおいて、最近抗酸化作用よりも重要...

糖質の多い食事が老化を招く!老化の原因物質「AGE」

  「食べ過ぎ」というのは、体にとって害があることが多く、あらゆる方面で老化の...


疲れを取って美白になれる!?夏トマトと卵のスープのレシピ

  夏バテになると、どうしても肌も疲れてきますし、その上気温や湿気、陽ざしで夏...

健康に良い!?あまり知られていない、レスベラトロールの効用

  レスベラトロールというポリフェノールは、赤ワインなどに含まれる抗酸化物質で...

カラダノートひろば

食事の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る