カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 予防 >
  5. 食生活 >
  6. カロリーゼロで高血糖になる!?宣伝文句だけで判断できない!人工甘味料のワナ

生活習慣病

カロリーゼロで高血糖になる!?宣伝文句だけで判断できない!人工甘味料のワナ

 a1d08dbed8f6d5f7af6494ded85b2ef3_s.jpg

コーラとダイエットコーラならどちらを選びますか?ダイエットコーラの方を選ぶという人は、健康を気にしているのかもしれません。
ですがその選択がもしかしたら間違っているかもしれません。

「カロリーが低くて太らない」のはウソ?本当?

カロリーオフや糖質制限という言葉は、ダイエットをしている人からすれば嬉しい響きですよね。
しかもそのダイエットが健康のためという人もいますよね。

 

しかしもしかしたら、その選択が逆に健康を害しているかもしれません。
その原因となるのが、人工の甘味料です。カロリーオフの清涼飲料水などは、カロリーオフにするためにこうした人工甘味料で甘さを足しています。

子どものうちから注意!「甘くてカロリーの低い」ワナ

おそらく多くの人は、「甘いもの=カロリーが高い」とおおむね判断すると思います。人は成長期に、「味覚」と「感触」である程度食べたもののカロリーを認識するのだそうです。

 

しかしその成長期に、「甘いけれどカロリーが低いもの」を食べているとどうでしょう?それを体が覚えてしまうと、実際に甘くてカロリーの高いお菓子などについても、カロリーが低いと誤認してしまいがちになる可能性があります。

それが子どもの頃培われれば、大人になってからそれを戻すのは困難です。

 

つまり人工甘味料入りのものばかり食べていると、本来できるはずのカロリー計算の力を狂わせてしまう可能性があるということです。

制限された食事が物足りない人は要注意

カロリー計算の能力が狂った状態では、節制した食事などは物足りなくなるでしょう。普段人工甘味料の入っているものを良く摂取する糖尿病患者さんは、思い当たるのではないでしょうか?

 

それでは当然食事療法も続きませんし、糖尿病の改善にもなりません。

その安心感がワナです

カロリーオフなどと言われると安心感を持って手に取ってしまいますよね。
しかしその安心感こそがすでに危険なのです。こうした習慣は長ければ長い程脱するのに時間と苦労がいります。
ですからできるだけ子どものうちから気をつけてあげたいですね・
(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食生活に関する記事

糖尿病予防のために必要な栄養素~食事でビタミンB群を摂ろう!

    ビタミンB群とはB1、B2、B3、B6、B12、パントテン酸、葉酸、...

疲労・肝疾患回復に☆鶏ムネ肉とパプリカの醤油マヨ炒め

    鶏ムネ肉は必須アミノ酸のバランスが良く、消化吸収率が95%の低脂...


α-グルコシターゼ阻害剤の代わりとなりえる?特定保健用食品の『豆鼓エキス』

近年、血糖値の上昇を緩やかにする作用があるとして話題となっている特定保健用食品...

糖尿病に乳酸菌がいい?メカニズムを知って予防、改善しよう!

乳酸菌は腸内の細菌バランスを整えて、体にさまざまなよい影響をあたえてくれます。...

カラダノートひろば

食生活の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る