カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 食事療法 >
  5. 基礎知識 >
  6. 糖尿病患者さんは「原則飲酒禁止」…では、その原則から外れるための条件とは?

生活習慣病

糖尿病患者さんは「原則飲酒禁止」…では、その原則から外れるための条件とは?

747d3ae5832030efdabf663811fcb033_s.jpg 

病気を発症するとアルコールの摂取を禁止されることが多いです。
では糖尿病の場合アルコールの摂取は禁止なのでしょうか?
糖尿病は肝臓を悪くしているわけではありませんが、なんとなくアルコールは禁止にしている方もいるのではないでしょうか?

アルコールと血糖値に関係はある?

実際アルコール自体が血糖値を上昇させるということはありません。
これは、アルコールが体内でブドウ糖に還元されることがないためです。

 

一方でアルコールには、肝臓内のグリコーゲンがブドウ糖に分解されるのを促進させる作用があります。
これによって飲酒後は一時的に血糖値が上昇してしまいます。

さて、アルコール自体は血糖値を上昇させないと書きましたが、これがアルコール飲料になってくると話は別です。
ビールやワインなどのお酒には、糖質を含むものもあります。
その場合には、それらを飲むこと自体が血糖値の上昇につながるということになります。

そうは言っても適量であれば、許容内の糖分摂取で抑えられます。
それに焼酎やウォッカ、ウーロンハイなど、糖分を含まないお酒もあります。そのため、絶対に糖尿病患者さんがアルコールを飲んではいけないということはありません。

アルコール摂取が許されるのはどんな人?

そうは言っても、糖尿病患者さんにおいてアルコールの摂取は「原則禁止」です。
ではその原則から外れるのはどんな糖尿病患者さんでしょうか?

 

以下のような項目を満たせば、医師が許可を出してくれる可能性があります。


☐食事療法・運動療法・血糖コントロールがうまくいっていて、安定している

体重管理ができている

薬の服用やインスリン注射をしていない

合併症を発症していない

飲酒制限のある病気を持っていない

高血圧・動脈硬化を併発していない、あるいは軽度

飲酒量を守る自制心がある


お酒が入るとどうしても気持ちが大きくなって、摂取制限を守りにくくなりますが、そこで自制が効くかどうかはとても重要です。

 

またもし飲酒ができるという場合であっても、毎日の飲酒ではなく休日だけにしたり、ご褒美的にときどきにしたりする必要があります。

 

お酒に飲まれてしまう可能性が少しでもあるのなら、最初から「絶対禁酒」と思っていた方がよいですね。

飲む必要がないなら飲まない

アルコールに関して許されている部分があるのは、少量のアルコールならばリラックス効果や趣味的な側面を持っているからです。
もしそれが他のことで補えるのであれば、その方が健康にはいいかもしれません。


どうしてもアルコールでなければダメならば仕方ないです。
しかし、他の何かでアルコールの代わりができないか考える必要もありそうですね。(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

キケン!!アルコールで低血糖が起きる!飲酒低血糖は「空腹」のときに注意!

  糖尿病でも条件を満たせばアルコールを摂取できます。しかしアルコールには血糖...

1日1個の卵の摂取で『2型糖尿病発症リスクが38%抑制』できる?!

健康診断の結果、血清コレステロール値が高い場合、保健指導で「卵は1日1個まで」...


人工甘味料で糖尿病リスクが増加するって本当?カロリーゼロの清涼飲料水に注意!

「ダイエット~」「カロリーゼロ」と表示されている清涼飲料水や食べ物では、複数の...

糖質ゼロと糖類ゼロの違いは何?どちらを選ぶべき?

  最近良く店頭で目にするのが、「糖質ゼロ」や「糖類ゼロ」と表示されてある...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る