カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 食事療法 >
  5. 基礎知識 >
  6. キケン!!アルコールで低血糖が起きる!飲酒低血糖は「空腹」のときに注意!

生活習慣病

キケン!!アルコールで低血糖が起きる!飲酒低血糖は「空腹」のときに注意!

 c3729386f4ffb152cbe0f5e331180cd7_s.jpg

糖尿病でも条件を満たせばアルコールを摂取できます。
しかしアルコールには血糖値を下げる働きもあると知っていますか?
血糖コントロールが難しい糖尿病において、低血糖は非常に危険です。

そもそも糖尿病でアルコールって大丈夫?

アルコール自体が基本的に血糖値を左右するものではありません。
そのため、糖尿病だからといってアルコールの摂取は絶対ダメということではありません。

 

しかし、アルコール飲料となると糖分が含まれたり、そもそもアルコール自体カロリーが高かったりもします。
そのため、血糖コントロールが優良なことや合併症などがないことなどの条件をクリアすれば、少量のアルコール摂取が許されます。

 

ただ、アルコール自体が血糖値を左右しないと言っても、間接的に血糖値に影響を与えることはあります。

 

ひとつは血糖値の一時的な上昇です。
アルコールには、肝臓内のグリコーゲンをブドウ糖に分解するのを促進させる働きがあります。
それによって飲酒後に血糖値が上がりやすくなります。

 

そしてもうひとつが、正反対の低血糖という影響です。

どうしてアルコールで低血糖が起こるのか?

アルコールを処理するのは肝臓です。肝臓で分解され、無害にされるのです。

 

そして肝臓は、糖をグリコーゲンという形で蓄える働きも持っています。
この肝臓の働きが正常ならば、血糖値も安定しやすいです。

 

しかし、アルコールの処理があると肝臓はそれを優先させて、それ以外の働きを低下させてしまいます。
つまり血糖値の安定が後回しになってしまうのです。
そのため、血糖値が下がっても肝臓が危機感を持たず低血糖が起きやすくなってしまいます。

アルコールの低血糖はこんなときに起こりやすい!

アルコールによって低血糖が起こるのはいつでもというわけではありません。特に、

空腹時にアルコールを摂取している

このときに低血糖が起こりやすいです。
そもそも血糖値が下がっているにもかかわらず、それに拍車をかけるようなことをしてしまうわけですから危険です。
食事と食事の間が空いてしまったという場合は、アルコールを摂取するのは避けた方がよいでしょう

 

乾杯の前に軽食

人付き合いの中でお酒を飲むとなったら、どうしても最初の乾杯でお酒を飲まざるを得ないかもしれません。
そんなときには、乾杯の前に軽く食事をとっておきましょう。
食事とまで行かなくても、チョコレートを少し食べておくだけでも血糖値は変わってきますよ。
(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

かしこく血糖コントロール!糖尿病の食事と代替食材

    ◆糖尿病と血糖値   糖尿病の治療は血糖値を正常に近い数値に戻し...

糖尿病のおやつ~市販のお菓子と手作りのお菓子

    ◆なぜ間食を避けるべきか   糖尿病治療にとって、治療がうまくい...


カロリー制限だけじゃだめ?糖尿病治療にはバランスが大事!肥満と適切カロリーについて

  肥満は糖尿病のリスクを上げます。そのため、特定健診などで肥満傾向がわか...

食事で必要な栄養を摂取することが大切!糖尿病の食事療法

  まずはじめに、糖尿病の食事療法のポイントとして   (1)適切な量...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る