カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 耳・鼻・口・喉 >
  5. 耳鳴りは病気のサインになることも!子供の耳鳴り症状に注意

育児・子供の病気

耳鳴りは病気のサインになることも!子供の耳鳴り症状に注意

436f267637787619b422438cc2c0ae44_s.jpg

「耳鳴り」は「耳鳴(じめい)」ともいい、音のまったくない状況でも耳が「キーン」や「ゴー」といった音を感じることをいいます。

耳鳴りを感じるのは大人だというイメージを抱きがちですが、子どもも耳鳴りを感じることがあります。

耳鳴りはさまざまな病気の症状としてあらわれることも多いため、たかが耳鳴りと油断せず、注意が必要です。

 

今回はそんな耳鳴りについてまとめてみました。

 

耳鳴りの特徴

ひとことに耳鳴りといってもさまざまなあらわれかたがあり、低音から高音まで、人や状況によってさまざまです。

耳鳴りの音が高音域の場合、低音域の場合と比べて治りにくいといわれています。

 

子どもの耳鳴り

子どもが訴える耳鳴りの場合、原因不明であることも少なくありません。

原因不明の場合は効果的な治療も行えず、子どもがストレスを感じて精神的に負担がかかることもあり得ます。

なるべく子どもが気を紛らわせられるよう気を配り、どうしても我慢できないような時には耳栓をするとわずかに効果があることもあるようです。

 

耳鳴りと病気

耳鳴りはさまざまな病気の症状としてもあらわれることがあるため、見極めのためにも早めの受診が肝心です。

 

耳鳴りと突発性難聴

突発性難聴の症状のひとつとして、耳鳴りがあります。

これは原因不明の難聴で、前触れなしに発症して長い期間続くことが多い病気です。

 

治療方法は薬物療法が中心で、おもにステロイド剤が投与されます。

発症から一週間以内と、早い時期に治療を開始することで治ることが多いため、耳の聞こえの悪さやめまい、吐き気などを訴えた場合にはすぐに医療機関を受診しましょう。

 

耳鳴りと内耳炎

子どもがよくかかる感染症で合併して起こることの多い「内耳炎」ですが、その症状として耳鳴りや難聴があらわれることがあります。

基本的に内耳炎の完治にあわせて耳鳴りや難聴も治ることが多いようですが、急性中耳炎が慢性化した場合や、慢性中耳炎から内耳炎を発症した場合、予後でも難聴が残ることが多いようです。

 

この場合、原因となる感染症に対して適切な治療を行う以外に耳鳴りや難聴に対処する方法がありませんので、医療機関の指示に従って適切な処置を行いましょう。

 

 

 

(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

耳・鼻・口・喉に関する記事

子どもの歯が虫歯だらけ!?「ランパント・カリエス」とは

「ランパント・カリエス」という言葉を、聞いたことがあるでしょうか? う...

赤ちゃんの泣き方が何だかヘン!?咽頭炎の対処法3ポイント

大人なら喉の痛みやいがいがを自覚し、病院にすぐに行くことが出来ますが、授乳期の...

病気と症状の体験談

正月に発熱~病院も正月休みで初めての救急へ~

娘が12月中旬に一度風邪をひき、薬を飲ませ完治。年末年始にまた風邪を引くことはないだろうと思っていま...

1歳1か月で、突発性湿疹になりました

我が家の三女、1歳1か月 先日、ついに突発になりました~高熱が4日間!!先日、我が家の三女が突...

カラダノートひろば

耳・鼻・口・喉の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る