カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. 耳・鼻・口・喉 >
  5. 乳幼児は発症しやすい!「急性鼻炎」の原因・症状・治療法

育児

乳幼児は発症しやすい!「急性鼻炎」の原因・症状・治療法

6f8067c4ec5ec9305714a6515321643f_s.jpg

「急性鼻炎(きゅうせいびえん)」とは、いわゆる「鼻風邪」といわれる病気のことです。

ほとんどの場合、かぜのウイルスが原因で鼻の粘膜に炎症が起こることで「急性鼻炎」を発症します。

大人にくらべて、鼻の粘膜が敏感な乳幼児は急性鼻炎を発症しやすく、原因となるウイルスも多数存在するため、一度治ってもまた発症…というケースも少なくありません。

 

では、子どもが急性鼻炎を発症してしまった場合、どのように対処すればいいのでしょうか?

今回は急性鼻炎の特徴をはじめ、自宅でできるケアなどをまとめてみました。

 

乳幼児は発症しやすい?「急性鼻炎」

大人に比べて鼻の粘膜がとても敏感なうえ、鼻の穴の小さい乳幼児にとって急性鼻炎は大変な病気です。

鼻の穴が小さいことから、鼻の粘膜が少し腫れただけでも鼻がつまって呼吸や哺乳が困難になるため、発症するととても苦しい思いをします。

 

急性鼻炎の原因

ほとんどの場合、インフルエンザウイルスやアデノウイルスといった風邪のウイルスによって発症します。

それと合併し、細菌感染による二次感染が原因となることもあります。

 

急性鼻炎の症状

くしゃみ、鼻づまり、鼻水など風邪と同様の症状が、鼻症状を中心にあらわれます。

まれにのどの痛みや発熱をともなうこともあります。

 

また、鼻水がつまったり、鼻の粘膜の炎症によって鼻がつまり、呼吸や哺乳が困難になることがあります。

呼吸が苦しいことで眠りが浅くなり、睡眠障害を起こす場合も少なくありません。

 

急性鼻炎の治療方法

風邪と同じく対症療法が中心となるため、鼻づまりがひどい場合には耳鼻咽喉科で鼻づまりをとる処置を行います。

鼻がかめない乳幼児の場合は点鼻薬が処方され、寝る前と哺乳前に使用することで睡眠や哺乳が楽になります。

 

自宅でできるケア

風邪と同じく安静にし、加湿器や濡れタオルなどを用いて部屋を十分に加湿し、水分補給をこまめに行いましょう。

鼻をかめない乳幼児の場合、鼻水吸引器なども有効です。

また、蒸しタオルで鼻のまわりをあたためてあげると、鼻の通りがよくなることがあるようです。

 

 

 

(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

耳・鼻・口・喉に関する記事

先天性の耳が小さくなる病気「小耳症」について

小耳症という病気をご存知でしょうか?この病気は、先天的に耳が小さく形成されて...

乳幼児の鼻涙管閉塞の治療法「ブジー」 ブジーするなら月齢が低い時の方がいい?

赤ちゃんの涙目や目やにが気になって病院へ行ったところ、「鼻涙管閉塞」と診断さ...

病気と症状の体験談

正月に発熱~病院も正月休みで初めての救急へ~

娘が12月中旬に一度風邪をひき、薬を飲ませ完治。年末年始にまた風邪を引くことはないだろうと思っていま...

1歳1か月で、突発性湿疹になりました

我が家の三女、1歳1か月 先日、ついに突発になりました~高熱が4日間!!先日、我が家の三女が突...

カラダノートひろば

耳・鼻・口・喉の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る