カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 食事療法 >
  5. 食事法 >
  6. カーブカウンティング?グリセミック指数?糖尿病患者なら知っておきたい食事法!

生活習慣病

カーブカウンティング?グリセミック指数?糖尿病患者なら知っておきたい食事法!

 c67f7a484ae1038ebea4246358e2933d_s.jpg

糖尿病の食事療法として、カーブカウンティング(糖質管理食)を聞いたことがありますか?
また近年、女性のダイエットにおいても注目されたグリセミック指数(GI)は知っているでしょうか?ここではこの二つについて書いていきます。

カーブカウンティング(carb counting)とは?

カーブ(carb)とは炭水化物(carbohydrate)の略称です。つまりカーブカウンティングは「炭水化物を数える」というような意味になります。

 

日本では糖尿病の食事療法というと食品交換表を用いるのが一般的です。これに対してカーブカウンティングはアメリカで一般的な方法です。食品交換表よりも、食事の内容に応じて柔軟に対応できる、実践的な食事療法とされています。

この方法は食事の中でも炭水化物の量だけに気を配って、血糖値をコントロールするということです。

 

2型糖尿病の場合そこまで厳密な計算をしなくても、炭水化物食品の果物、穀物、牛乳、砂糖、スイーツなどに気を配るだけでもOKだそうです。

一方で1型糖尿病の場合は、炭水化物の量をグラム単位で計算してあげることが勧められています。
細かい計算は専門知識が必要ですが、食品交換表を用いて一応の計算はできるようです。

グリセミック指数(GI)とは?

食事をすれば血糖値が上がります。ですがどの食品を食べても、同じように血糖値が上がるということではありませんよね。
糖質を含む食品の中には、血糖値を上げやすいものと上げにくいものがあります。

この血糖値の上げやすさ、上げにくさに関しての指標がグリセミック指数(GI)です。

 

このGIは食品によって異なり、肉類や魚介類は比較的GI値の低いものが多いです。一方で白米などはやはりGI値が高く、玄米などになるとGI値が低くなってきます。各食品のGI値が知りたい!という方は検索するとたくさん出てきますので、調べてみて下さい。

また、GI値は単に食品ごとに決まっているわけでもなく、調理の方法などによっても変わってきます。例えば白米だったら、おかゆにすることでGI値を低くできます。

どちらの方法も細かくやると疲れちゃうかも…

カーブカウンティングにしてもグリセミック指数にしても、生活の中で細かく計算していくのはちょっと難しいかもしれません。身につけば使いやすい方法なのかもしれませんが、無理にこれらの方法を選択する必要もありません。

 

糖尿病患者さんは目安として、炭水化物の量が「多い・少ない」、GI値が「高い・低い」を知っていれば十分でしょう。もちろんより厳しい食事制限を設けられている糖尿病患者さんの場合は、医師の指示に従って下さい。
(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食事法に関する記事

「食べる順番を変える」のが、なぜ食後高血糖に効く?体の中で起こっていることとは?

  糖尿病の食事療法にはいろいろとありますが、その一つが「食べる順番」を気にす...

忙しい糖尿病患者は、忙しくても食事のとり方には要注意!

  仕事などで忙しくしている人は、食生活も不規則になりがちです。そんな人が糖尿...


糖尿病予備軍の人は必見!今のうちから正しい食事法を身につけよう

糖尿病とは診断されないものの、糖尿病が強く疑われる人、糖尿病の可能性が否定で...

炭水化物を抜けば健康になれる?そもそも私たちの体は主食を必要としていなかった!

   人が穀物を食べるようになったのは、歴史の中では極々最近の話です。米やパン...

カラダノートひろば

食事法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る