カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 新生児の病気・症状 >
  5. フロッピー・インファント >
  6. 体が極端に柔らかい…乳幼児のフロッピー・インファント

育児・子供の病気

体が極端に柔らかい…乳幼児のフロッピー・インファント

baby-215299_640.jpg

生まれたばかりの赤ちゃんの病気は、ママなら誰でも気になるものですよね。

赤ちゃんの様子が他の子と違う…と不安になるママも多いかもしれません。 

今回はフロッピー・インファントという病気について症状や特徴をまとめてみました。 

 

フロッピー・インファントの症状

簡単には、生まれつき筋力が弱く、身体が極端に柔らかい状態の乳幼児を指します。

 

筋肉の緊張が弱いため、うつぶせに寝かせたときなど手足が床にぴったりくっつき、太腿も床についてしまいます。 

通常の赤ちゃんよりも、くびすわりやおすわり、つかまり立ち、ひとり歩きの発育が遅れ気味になることがあります。 

抱いた時には通常の赤ちゃんよりも柔らかく感じ、身体には力が入っていません。 

 

フロッピー・インファントの原因は?

神経の病気や、染色体異常が原因とされています。 

 

筋ジストロフィーや先天性ミオパチー、重症筋無力症のような病気が、元になる疾患としてあげられます。 

脳・脊髄・末梢神経などに原因があると、この症状が引き起こされるようです。また、筋肉と神経の接合部に異常がある場合にも、この症状が現れます。

 

フロッピー・インファントの治療方法

残念なことに、特別な治療方法は現在ありません。

 

筋肉の発達や運動機能を促進させ、関節拘縮(関節がかたまって動かせなくなる状態)を防ぐため、ストレッチ体操を行うことが効果的です。 

こうした訓練を続けることで、筋肉の異常が発生するのを防ぎ、身体全体の成長を促進していくことができます。

 

ただし、抵抗力が弱いので毎日の健康管理には注意が必要です。 

無理なく継続し、赤ちゃんのバランスのよい栄養、規則正しい生活を心がけてあげましょう。

 

 

ママ・パパにできることとは?

様々な検査を受け、フロッピー・インファントだと診断がくだされた場合には、専門の先生やリハビリスタッフと連携をとりながら、赤ちゃんの成長を見守ってあげましょう。

 

赤ちゃんの様子がおかしいな、と気がつくことが出来るのは、毎日一緒に生活しているママだからこそです。もちろん定期的な健診で見つかることもあるでしょう。 

 

ですが、自宅での生活の中で異変に気が付いた場合には、早期に医療機関を受診して医師の判断を仰ぎましょう。

 

心配なことはたくさんあるかもしれませんが、赤ちゃんに寄り添うことができるのはママ・パパそしてご家族の皆様です。 

ゆっくり、自分なりのペースで成長していく赤ちゃんを見守り、全力でサポートしてあげてくださいね。

 

(Photo by:pixabay

著者: mana*さん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

フロッピー・インファントに関する記事

体がふにゃふにゃ!?フロッピー・インファントと診断されたら…自宅でのケア

  身体がふにゃふにゃしてる?と相談したら、診断はフロッピー・インファント...

病気と症状の体験談

大流行!RSウイルスにご注意。

今年はRSウイルスがかなり流行していますね。私の甥っ子、姪っ子も先月にこのウイルスにかかり大騒動でし...

赤ちゃんのめやにが多い!は眼科に行こう。鼻涙管閉塞。

長男はいつもめやにが出ていました。 めやにだけでなく、まつげがつねに濡れていました。 朝になると...

カラダノートひろば

フロッピー・インファントの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る