カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 予防接種 >
  4. 「四種混合ワクチン」で予防できる病気は?赤ちゃんの予防接種

育児・子供の病気

「四種混合ワクチン」で予防できる病気は?赤ちゃんの予防接種

 

 

2012年11月、従来の三種混合ワクチンに不活化ポリオワクチンを混合した「四種混合ワクチン」が、定期接種となりました。

そのため、注射回数が減り、病院に通う回数が減ることは、赤ちゃんにとっても親にとっても、ありがたいことです。

 

○ 四種混合ワクチンで予防できる病気

このワクチンで予防できるのは、下記の4つです。

ジフテリア(Diphtheria

のどにジフテリア菌がつくと炎症がおこり、息が吸えなくなることや、神経の麻痺、心臓に障害がおこり、死亡することがあります

百日咳(Pertussis

ひどい咳が100日近く続く病気で、乳児では無呼吸からの死亡例も。

低酸素性脳症にいたり、けいれんや知能障害につながることもあります。

破傷風(Tetanus

土の中にいる破傷風菌が傷口から入ることで感染し、筋肉が硬直する病気。

ちょっとした切り傷程度でも感染します。

ポリオ(Polio

手足、特に足が麻痺する病気

 

従来の三種混合ワクチンの3つの病気の頭文字と、不活化ポリオワクチン(Inactivated Polio Vaccine)を合わせて、DPT-IPVと記載されることもあります。

 

○ 対象年齢と接種間隔

大きく、1期と2期に分かれます。

1期:

生後3か月から接種できます。3~8週間隔で3回、3回目の約1年後(6か月後から接種可能)に4回目を接種します。

2期:

11歳から、DTワクチンを1回接種します。

 

過去に三種混合ワクチンや不活化ポリオワクチンを接種した人は、原則として、四種混合ワクチン接種ができないことになっています。

これは、四種混合ワクチンの供給が不足するかもしれないため。

ただし、自治体や病院によって状況は大きく異なりますので、かかりつけ医に問い合わせてみるのをおすすめします。

 

 

<Photo by //www.ashinari.com/2009/02/28-014683.php?category=51>

著者: suzuさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

予防接種に関する記事

予防接種って必要?「ロタウイルスワクチン」

  生後3か月までに初回接種がのぞまれるロタウイルスワクチン。 しかし、...

予防接種の副反応が心配…重大なトラブルが起きることはないの?

子供が受けなければいけない予防接種はとってもたくさんあります。特に0歳代の赤ち...

予防接種の体験談

生後2か月 初めての予防接種 任意はどうする?

赤ちゃんが産まれて、こんなに予防接種の回数が多いとは思っていませんでした。 正直、かなり面倒くさい...

注射の痕が赤い>< これって大丈夫??

生後2ヶ月くらいから、予防接種ができるようになり、我が子も順番に行っていました。 初めての予防接種...

カラダノートひろば

予防接種の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る