カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

育児・子供の病気

手洗いしているのにノロウイルスに

2be5fb6789b4d8b1c86d46554ad01592_s.jpg 

大人でもとても辛いノロウイルス。人にも勿論うつるので、子供が感染してしまったら親もかかる確率が高い感染症です。どうしたら感染を防げるのでしょうか。

ノロウイルスとは

ノロウイルスは、急性胃腸炎のことをさします。感染力の強いウイルスで人から人へも移します。一年中起きますが、特に冬場はかかる人が多くなっています。ノロウイルスに感染すると、下痢、嘔吐、発熱などの症状が現れます。通常、2日くらいで治りますが、抵抗力が弱い、乳幼児や高齢者だと重症化してしまうこともあります。

中には、吐物が気管に詰まることもある怖い感染症です。口からウイルスが入ることで感染します。どのような時に感染することが多いかというと、まずは、感染者の嘔吐物などを処理するときです。手にノロウイルスがついて感染します。次に感染者が調理したものを食べた時に感染します。他には、ノロウイルスをついている二枚貝などを食べた時に感染することが多いです。

 

感染したらどうしよう

ノロウイルスに効果のある抗ウイルス剤やワクチンはまだありません。なので、もし感染してしまったら、対症療法を行います。

下痢や嘔吐が続くときには脱水症状が怖いので、水分補給を十分におこなって脱水症状を防ぎます。90%が入院や点滴をしなくても家での療養で治ると言われています。

市販の吐き気止めや解熱剤は使用しないでください。一時的にはおさまっても根本がよくならない場合がとても多いためです。外に出歩くことを控えて家でゆっくりと過ごしましょう。下痢も嘔吐も辛いので、飲めるものを飲んで症状を落ち着かせるしかありません。家族への感染を防ぐために、タオルを分けたり、入浴の順番などを工夫することが大切です。

 

感染を防ごう

まずは、ノロウイルスにかからないように予防をすることが重要です。最も効果的な予防法は手荒いです。調理の前やトイレの後、出掛けて帰ってきた後は必ず手洗いをします。十分な睡眠や栄養を取って病気に負けない体を作っておくことも良いでしょう。

手洗いは、石鹸を使用して、十分に泡立てて洗います。洗った後のタオルも清潔な物を使用するようにします。感染者の汚物の処理のポイントは、処理するときは、マスクと手袋を必ず使用します。汚物等はビニール袋に入れてしっかりと密閉します。そして、すぐに処分してください。処理後は必ず手洗いを忘れずにしてください。

ノロウイルスの消毒は、塩素系漂白剤が一番です。ドアノブや調理器具などは念入りに消毒しましょう。調理時にもいくつか注意があります。まな板や包丁、食器は熱湯の加熱が効果的です。ウイルスが含まれている可能性のあるものはなるべくそのままでは食べないで加熱しましょう。

 

ノロウイルスは感染症の中でも感染力の強い病気です。なるべく日頃からかからないような生活を心がけましょう。 

(Photo by:写真AC 

著者: りゅうたんさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ノロウイルス胃腸炎の体験談

ノロかも?とうとう急性胃腸炎に!

ノロウイルスをはじめウィルス性の胃腸炎はこわいものです。 ニュースや噂では知っていたものの、実際に...

1歳初めての、胃腸炎でダウン

つい先日、子供達と一緒にわたしも 胃腸炎でダウンしてしまいました1歳2ヶ月初めての嘔吐つい先日、我...

カラダノートひろば

ノロウイルス胃腸炎の関連カテゴリ

ノロウイルス胃腸炎の記事ランキング

ノロウイルス胃腸炎の人気体験談ランキング

育児・子供の病気のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る