カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. 心肺停止状態 >
  5. 赤ちゃんの事故・ケガの際の救急車の呼び方&相談ダイヤルって知ってる?

育児・子供の病気

赤ちゃんの事故・ケガの際の救急車の呼び方&相談ダイヤルって知ってる?

%E6%95%91%E6%80%A5%E8%BB%8A.jpg

赤ちゃんが大事故にあった、大ケガをしたときは、迷わず救急車を呼びましょう。

しかし救急車を呼ぶときには注意すべきことが多くあります。

 

ここでは救急車を呼ぶときの手順と、やってはいけないことについてまとめてみました。

 

救急車の呼び方

赤ちゃんが事故やケガをしてぐったりしているとき(意識障害)、呼吸や脈がないときは一刻も早く救急車を呼ぶ必要があります。

 

まずは固定電話でも携帯電話でもいいので、「119」とプッシュし、対応してくれる職員に救急ですと伝えます。

 

そして次の4つを伝えましょう。

来てほしい場所の住所(屋外で住所がわからないときは目印となる建物など)

ケガ人の人数、年齢、性別、容態、現場の状況、応急手当をした場合はその内容

事故の状況と規模

自身の氏名と電話番号

 

救急に電話をするときは大抵動揺するような事態が起こったときですが、慌てず冷静に伝えられるようにしましょう。

電話をする前に深呼吸すると少し落ち着きます。

 

やってはいけないこと

救急車の台数や医療スタッフの数、回線数には限りがあります。
軽症なのに救急車を呼ぶのはやめましょう。

赤ちゃんが呼吸ができてない、顔色が悪い、全身状態が悪い、けいれんが止まらない、などの場合に限り呼ぶようにしましょう。

 

迷ったら相談ダイヤル「#7119」へ

救急車を呼ぶべき事態なのかどうか判断がつかないこともあるでしょう。
そんなときは119番を押す前に相談ダイヤル「#7119」をプッシュしてみましょう。

医師や看護師、救急隊員などの職員が24時間無休で対応してくれます。

 

ただしこの番号は東京・大阪・奈良でしか対応していない番号です。
そのほかの地域にお住まいの方はお近くの「一般救急相談センター」へお電話ください。

 

ちなみにこの相談ダイヤルは救急車を呼ぶか迷うような緊急時以外にも、病院へ連れて行くべきかどうか迷ったときにも相談に乗ってもらえます。
ぜひご利用ください。

 

救急車はむやみに呼んではいけませんが、緊急時には迷わず呼びましょう。
冷静に慌てず状況を伝え、できれば待つ間も応急処置をおこなってくださいね。

 

(Photo by:写真AC

著者: mikanman09さん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

心肺停止状態に関する記事

小児の心肺停止!人工呼吸や心臓マッサージなどの蘇生方法とは

  心肺停止したときの蘇生方法である、人工呼吸や心臓マッサージは何かの機会に教...

大人と子どもの体の違いから見る救命法の違い

  子どもの体は大人のそれとは違うところが大きくあります。それは発症する病気や...

ケガ・応急処置の体験談

生後2か月ソファからの転落

私の不注意で二ヶ月のとき息子がソファーから落っこちてしまいました。うちは完母なのですが、その頃なぜか...

ハイターを!?動き出した0歳児は何するか分からない!?

先日8か月の次男がキッチンハイターを棚の奥から勝手に取り出してきて倒してひっかぶるという事件が......

カラダノートひろば

心肺停止状態の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る