カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 感染症 >
  5. 水のような下痢…ロタウイルスの胃腸炎かも?

育児・子供の病気

水のような下痢…ロタウイルスの胃腸炎かも?

8832ffffd811aa132379ca6acad7cc82_s.jpg

ロタウイルスは、5歳までに一度はかかるといわれている胃腸炎です。

乳幼児は脱水症状になることが多く、気をつけなくてはなりません。

 

どうして脱水症が起きるの?

ロタウイルスは胃腸炎の一つで、原因のほとんどがウイルスです。

胃腸炎の原因にはたくさんのウイルスがあり、その中でもいちばん脱水症状などの重い症状を引き起こすといわれているのが、ロタウイルスです。

 

ロタウイルスの胃腸炎にかかると、下痢や嘔吐になり、体から水分が失われていきます。

そうして脱水症状が起きます。

水分補給を心がけていても、乳幼児だと追いつかず、脱水症状に陥る子が多いのです。

 

すぐうつるって本当?

ロタウイルスの感染力はとても強いものなので、すぐに人にうつってしまいます。

そのため、保育園などで一人がかかってしまうと、集団感染することがあります。

手洗いも重要ですが、手洗いをしているからといって、完全に感染を抑えることはできません。

 

根本的な治療法がないので、どんどん感染が広がってしまうのです。

重症化すると、点滴も必要になります。

こわいことを言うと、重症で死亡する例もあります。

 

日本では、毎年80万人近くがこのロタウイルスで病院を受診しています。

その中でも約10人は死亡しているというので、とてもこわい病気です。

脱水症状だけでなく、けいれんや脳炎を引き起こすこともあるので、注意が必要です。

 

ワクチンを打てば大丈夫?

ロタウイルスを予防するのに効果的なのは、予防接種です。

このワクチンは生後6週目から接種できます。

ワクチンは経口ワクチンなので、飲む予防接種です。

まだ小さいとうまく飲めない子もいますが、なるべく小さいうちにこのワクチンは接種したほうがよいでしょう。

 

他の予防接種と同時接種もできるので、生後、予防接種が始まったら病院で相談して早めに打つようにしましょう。

ワクチンで予防できるなら、すすんで予防することが、子どもにできる親の役目かもしれませんね。

気をつけなくてはならないのが、ロタウイルスのワクチンは自費になってしまうので、少し高くなります。

 

ロタウイルスは子どもがかかりやすい胃腸炎です。

1週間くらい入院する子もいるので、予防接種を受けて予防しましょう。

 

(Photo by:写真AC

著者: りゅうたんさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

感染症に関する記事

RSウイルスをご存知ですか?乳幼児は気をつけたい呼吸器感染症!

乳幼児を育てているママなら心配なのが冬場に流行するインフルエンザなどの感染症で...

アメリカで拡大中!日本でも油断はできない…子どもにだけ猛威をふるうエンテロウイルス

   お子さんがいると、エンテロウイルスというウイルスを聞いたことがないでしょう...

感染症の体験談

3人目にして初めてのRSウィルス!!!

2か月ほど前、9か月になる長女がRSウィルスに感染しました。 低月齢の乳児がかかると細気管支炎...

初めての発熱、そして入院~尿路感染症~

子供が生まれて初めて発熱した時のおはなしです。初めての育児での子供が発熱長男が生後三ヶ月になるちょう...

カラダノートひろば

感染症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る