カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 成長の目安 >
  4. 2~3歳 >
  5. 身長・体重 >
  6. "寝る子は育つ"は本当?身長を伸ばす!?睡眠と成長ホルモンの関係

育児・子供の病気

"寝る子は育つ"は本当?身長を伸ばす!?睡眠と成長ホルモンの関係

%E5%AF%9D%E3%82%8B%E5%AD%90%E4%BE%9B.jpg

「寝る子は育つ」……あなたはこのような言葉を聞いたことはありませんか?

実はこれ、迷信などではなく科学的に実証されている事実なのです。

 

ここでは子供の身長を伸ばすために大事な「睡眠と成長ホルモン」について、まとめてみました。

 

なぜ「寝る子は育つ」の?

身長がぐんぐん伸びる時期は二つあります。乳幼児期と思春期です。 

この時期には成長ホルモンが活発に分泌され、骨が成長し、ぐんぐん身長が伸びていくのです。 

この成長ホルモンがもっともよく分泌されるのが睡眠時といわれています。

そう、まさしく「寝る子は育つ」のです。 

 

身長を伸ばすには生活リズムが肝心!

とはいえ、ただ寝ているだけではいけません。 

同じ睡眠時間をとっていても、「早寝早起き」と「遅寝遅起き」では成長ホルモンの分泌量が変わってくるのです。

 

入眠から3~4時間の間に成長ホルモンはもっとも多く分泌されるため、この間しっかり深く熟睡させることが重要になってきます。 

熟睡するためには明るく外も騒がしくなってくる朝方に寝るよりは、暗く静かな夜に寝た方が落ち着いて眠れますよね。

 

また、ちゃんと朝起きて朝日を浴びることは体内時計のリセットにも大事なことなので、成長のためにもですが体内リズムを整えるためにも、子供に早寝早起きを習慣づけていきましょう。 

 

夜に寝ることで分泌される「メラトニン」

また、夜に寝ることで重要なホルモン、「メラトニン」が分泌されます。 

これは夜間に暗くなると分泌されるホルモンで、体内リズムを整える働きのほかに、成長期の子供の性成熟を抑える働きをしてくれます。

 

また、一般的に思春期の訪れが早い子供よりも遅い子供の方が、最終的な身長が高くなる傾向があるといわれています。 

このため、メラトニンがよく分泌されることで性成熟の訪れを遅くした方が身長の伸びがよくなると考えられます。

 

子供を高身長にしたいときには夜にしっかり深い睡眠をとらせ、メラトニンをよく分泌させましょう。

 

「寝る子は育つ」、お子様のすこやかな成長のために、いい睡眠環境を整えてあげましょうね。

 

(Photo by:写真AC

著者: mikanman09さん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

身長・体重に関する記事

低身長から考えられる7つの原因

  身長が小さいとは言っても病気の場合もあれば、病気ではない場合もあります。ま...

子どもの身長を伸ばしてあげたい!身長を伸ばすスポーツは○○

よく「バスケットボールをしていると背が高くなる」と昔は言われていましたが、本...

身長・体重の体験談

2歳半の足のサイズ

そろそろ新しく靴を買い替えようと靴屋でサイズを測ってもらいました。 すると、14.0cmでした...

難しい!靴サイズ変更のタイミング

子供の成長は嬉しいですが、衣類を管理する立場としては時々バタバタと焦る事があります。 この前まで着...

カラダノートひろば

身長・体重の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る