カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 新生児の病気・症状 >
  5. 先天性風疹症候群 >
  6. 普通の風疹とどう違う?先天性風疹症候群の症状と特徴まとめ

育児・子供の病気

普通の風疹とどう違う?先天性風疹症候群の症状と特徴まとめ

feet-93818_640.jpg

風疹は聞いたことあるけど、先天性風疹症候群って…?と疑問に思ったママ、そしてプレママの皆さんにはぜひ知っておいて頂きたい、症状と特徴についてまとめました!
参考にしてみてください。

そもそも風疹をご存知ですか?

風疹とは、発熱や発疹、リンパ節膨張が特徴のウイルス性発疹症です。
感染力がとても強い病気で、免疫がない人はすぐ感染してしまいます。

高熱や発疹が続くので、子ども以外にも成人で発症すると関節痛を引き起こしたり、重症化するケースもある病気です。

 

先天性風疹症候群とは

風疹の免疫を持たない女性が妊娠初期に風疹にかかってしまうことが原因で、風疹ウイルスが胎児に感染してしまい、様々な障害を起こすことがあります。

大きな症状としては、

 

・先天性の心疾患

・難聴

・白内障

 

の3つがあげられ、これらを総称して「先天性風疹症候群」と呼びます。

また、それ以外にも、網膜症、肝脾腫、血小板の減少、糖尿病、発育の遅れ、精神発達の遅れ、小眼球などが起こりえます。

 

先天性風疹症候群の予防法

先天性の異常は妊娠週数と大いに関係するとされています。
妊娠12週までの初期に感染すると、異常が発生する確率も高くなります。
逆に20週を過ぎるとあまり怒らなくなります。

 

最近では妊娠を希望する女性に対して風疹の抗体を持っているかどうかの検査を行うことができます。
場合によっては予防接種をしっかりと受け、風疹に備えましょう。

また、赤ちゃんが生まれてからは、しっかりと予防接種のスケジュールを立て、忘れないように摂取させることも次世代の予防のひとつになりますよ。

 

先天性風疹症候群の治療法

先天性風疹症候群そのものに対しての治療法は、残念ながらありません。
先にあげた異常や障害が、すべての赤ちゃんに起こるとも限りません。
出てきた症状・障害に対しての治療を行っていくしかないのです。 

 

風邪や感染症を予防するのに効果的な手洗いやうがいは、風疹相手では役に立ちません。
まずは自分が抗体を持っているかどうかを知り、予防に努めることが一番です。

 

もしかかってしまった場合には、生まれてきた赤ちゃんの症状や障害と向き合い、医師の指導の元で治療を続けながら、ゆっくりと付き合ってあげてくださいね。

 

(Photo by:pixabay

著者: mana*さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

先天性風疹症候群に関する記事

妊娠中の風疹…赤ちゃんがかかる「先天性風疹症候群」の基礎知識

妊娠初期、不安も多い中でかかってしまった風疹。プレママはきっとより一層不安に...

妊娠の敵「風疹」!先天性風疹症候群の予防に大切なこと。大切な赤ちゃんを守ろう!

妊娠中、特に妊娠初期の妊婦さんが風疹にかかると、生まれてくる赤ちゃんに様々な...

病気と症状の体験談

あかちゃんの皮膚トラブル対処法!

生後0~1か月の頃は脂漏性湿疹で皮膚ケアをがんばる日々でしたが、やっと完治。しかし、今度は生後二ヶ月...

脂漏性湿疹や汗疹、湿疹。あかちゃんの皮膚トラブル

あかちゃんのお肌はとても繊細。新生児期は脂漏性湿疹に悩まされましたが、3ヶ月ごろは首や足の付け根の深...

カラダノートひろば

先天性風疹症候群の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る