カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 胸部 >
  5. 起立性調節障害 >
  6. 子どもが朝起きられないのはだらしないから!?原因は起立性調節障害かも

育児・子供の病気

子どもが朝起きられないのはだらしないから!?原因は起立性調節障害かも

%E7%9C%A0%E3%82%8B.jpg

朝起きられない、立ち上がるとくらくらする、疲労感が抜けない……子どもにこのような症状が見られたら、それはもしかしたら「起立性調節障害」かもしれません。

 

この「起立性調節障害」は大人でも起こるのですが、子どもに起こることもあります。

ここでは起立性調節障害の症状、特徴、注意点について簡単にまとめてみました。

 

起立性調節障害の症状

起立性調節障害の症状は主に頭痛や立ちくらみやめまい、慢性的な疲労感などです。

なぜこうした症状が起こるのか、それは自律神経の働きが乱れていることが原因だといわれています。

 

自律神経が乱れると、立ち上がったときに下半身の血管が収縮できず、血液が下半身に溜まり、脳が血液不足になります。
このため、立ちくらみや脳貧血を起こしてしまいます。

 

ではこうした自律神経の乱れはなぜ起こってしまうのでしょうか。

 

「朝起きられない」は起立性調節障害の特徴

夜ふかしをすると自律神経が乱れていき、朝どうしても起きられないという症状が出てきます。

 

人間は「交感神経」と「副交感神経」を切り替えることで眠ったり覚醒したりを繰り返しています。

 

ですが、起立性調節障害が進行するとどんどん体内で朝が始まる時間(交感神経が作用し始める時間)がずれていき、それ以降の活動時間もどんどんずれていく、という悪循環におちいります。

 

起立性調節障害の注意点

起立性調節障害にかかっている人は周囲からみると、だらしなく寝ている意思の弱い人間、と見えてしまいますが、自律神経が乱れているので本人の意思ではどうしても覚醒できないわけです。

 

夜ふかしを改善すれば治る、という簡単な問題ではないところがやっかいですね。

 

もし子どもがこうした「朝どうしても起きられない」という症状になってしまった場合は、叱責したりせずにまずは起立性調節障害を疑い、専門医を受診してください。

 

子どもの場合、朝起きられないことは学業不振や交友関係の維持困難など深刻な問題に繋がってしまいます。

 

親は子どもの様子をよく観察し、起立性調節障害が疑わしい場合は適切な治療を受けさせてあげることが大切です。

 

(Photo by:写真AC

著者: mikanman09さん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

起立性調節障害に関する記事

思春期に多い起立性調整障害…もしも診断されたら?対処法まとめ

朝起きられない、ダルイ、立ちくらみがする、こんな症状が続く時は、起立性調整障...

子どもが起立性調節障害と診断されたら…親ができる対処法

子どもが夜ふかしをやめられず、結果、 朝どうしても起きられない、叱っても何度...

病気と症状の体験談

あかちゃんの皮膚トラブル対処法!

生後0~1か月の頃は脂漏性湿疹で皮膚ケアをがんばる日々でしたが、やっと完治。しかし、今度は生後二ヶ月...

脂漏性湿疹や汗疹、湿疹。あかちゃんの皮膚トラブル

あかちゃんのお肌はとても繊細。新生児期は脂漏性湿疹に悩まされましたが、3ヶ月ごろは首や足の付け根の深...

カラダノートひろば

起立性調節障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る