カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 痛風 >
  4. 食事・レシピ >
  5. 痛風と食生活の深い関係…食材のプリン体の重要度って?どうやって把握すればOK?

生活習慣病

痛風と食生活の深い関係…食材のプリン体の重要度って?どうやって把握すればOK?

06309d0efe73f9f97e2df7dab2ae5c8a_s.jpg

痛風は食生活と大きく関係しています。
もちろん他にも遺伝的要素、性別、ストレスなども発症に関係しています。
これらの中で、自分で気をつけられることと言ったら、食生活やストレスといったところでしょうか。

 

 

痛風は痛いだけじゃない!

痛風というと「風が吹いただけでも痛い激痛」がよく知られています。
けれど痛風の怖さはそれだけではありません。

痛風を発症している人は肥満がちな人が多く、その他の生活習慣病を生じる可能性がとても高いです。
脂質異常や糖尿病、高血圧などを合併すれば、心疾患や脳卒中などの可能性も高くなります。

さらに、結晶が腎臓に溜まってしまえば腎臓の働きが悪くなり、慢性腎臓病になることもあるのです。

 

 

痛風と食生活の深い関係

痛風を予防する、あるいは改善するというと、食事から摂取するプリン体の量を減らすことが第一とされてきました。
しかし、近年食事から摂取するプリン体は従来ほど重要視されていません。

 

というのも、プリン体は体内で生成される量がとても多いためです。
プリン体というのは、細胞の核にある核酸の主成分で、体の至るところにあります。
そのため、プリン体の全量のうち、食事で摂取する分は1/4程度と言われています。

 

そのため、現在はプリン体の量というよりも、尿酸値のコントロールが重視されているのです。
ただ、
そうは言っても、プリン体の摂取量を無視することもできません。

 

プリン体はどう把握すればいい?

ひとつひとつの食品のプリン体量を、細かく把握する必要はありません。

 

普段自分が食べるものに関して、「多い・ふつう・少ない」くらいの分け方で把握していれば十分でしょう。
食品から摂取するプリン体の総量は「1日400mg」です。

これぐらい食べたらオーバーする・これくらいならまだOKというのが感覚で分かるようになるとよいですね。

 

特にプリン体の量が多い物を避けるだけでも、総量は大きく変わりますよ。

 

 

「出汁」には注意!

痛風患者さんは高血圧対策として減塩をしている人も多いでしょう。しかし出汁が効いた食べ物には注意してください。

 

というのも、プリン体は水溶性で水に溶け出します。

 

これは比較的プリン体の多い肉や魚は、茹でることでプリン体の量を減らせるということです。
と、同時に煮干しやカツオからとった出し汁、ラーメンのスープ、鍋料理のスープにはプリン体が多く溶け出しているということでもあります。

 

減塩のつもりで出汁をきかせた味噌汁が、実は痛風にはよくなかったということにもなりかねませんので注意してください。

 

(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食事・レシピに関する記事

継続が大事な食事療法…「継続」するためには具体的にはどうすればいいの?

  痛風患者さんの行う食事療法は、続かないことがしばしばあります。というのも痛...

アルコールを飲んで痛風予防!?お酒の中には痛風予防成分「エラグ酸」がある!

お酒を飲んで痛風を予防できると言ったら、胡散臭いと思いますか?何とも虫のいい...


プリン体?動物性たんぱく質?いやいや、それ以上に気をつけなければいけないのは「過剰摂取」

  痛風の食事療法というと、何を食べるかという部分がたくさん注目されます。プリ...

ビールはNG!?重曹が効く?痛風のウソホント

痛風にはいくつかの俗説が存在しています。例えば魚卵は痛風にはNGといったよう...

カラダノートひろば

食事・レシピの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る