カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 痛風 >
  4. 基礎知識 >
  5. 進行後 >
  6. 偽痛風の予防に可能性!○○の働きを高めることで痛風発作を予防できるかもしれない!

生活習慣病

偽痛風の予防に可能性!○○の働きを高めることで痛風発作を予防できるかもしれない!

 43fda49fab2f787f59202697bc591390_s.jpg

痛風発作の予防というと、生活習慣に気をつけるように言われると思います。しかし、偽痛風を発症したとなると、その発作を予防する方法に関してはなかなか明言されません。

偽痛風って予防できないの?

痛風は尿酸の結晶が溜まって起こるもので、尿酸値が高くならないように気をつけるでしょう。
尿酸値を低く抑えるには、食事や運動によって抑えることができます。

痛風発作の予防はこのように比較的分かりやすいです。

しかし偽痛風の発作を予防する方法というのは、まだよく分かっていません。偽痛風はピロリン酸カルシウムが関節に沈着することで起こると言われていますが、その部分も実ははっきりと分かってはいないのです。

 

そのため偽痛風発作の確かな予防法というのは、はっきりと言えないのです。

 

肝臓の働きを高めることが偽痛風予防になる可能性

そんな中でも、肝臓の働きとピロリン酸カルシウムとの関係について言われることがあります。

そもそもピロリン酸というのは、肝細胞や軟骨細胞などの細胞で合成されます。
ピロリン酸は体の中で合成されるものですので、体の外から摂取するプリン体とは違うのですね。

 

これらピロリン酸は代謝の過程で出るものなのですが、本来ならば肝臓などで分解されてしまいます。

しかし、肝臓が弱っていたり、高齢になって機能が低下してくると、分解しきれないピロリン酸が多くなり、濃度が上昇してきます。
これでピロリン酸が過剰になると、血中のカルシウムと結合してピロリン酸カルシウムとなり、結晶が出来あがります。
その結晶が関節に溜まり、それが剥がれ落ちることで偽痛風の発作が起こるのですね。

高齢になると肝臓の働きが低下していきます。そのため偽痛風を発症しやすいと言われています。
偽痛風の発症を予防するためには、肝臓の働きを高めてあげることに可能性があそうです。

肝臓の働きを高めるために…

肝臓の機能を低下させるのには、食生活などが大きいです。特に高たんぱく、高脂質の食事は肝臓に負担をかけますので、気をつけましょう。
また、揚げ物などの油、スナック菓子、アルコールなども肝臓の負担になります。

こうした意味では痛風と同じように生活習慣に気をつけるべきと言えそうですね。高齢になってからこそ、食生活には気をつけてください。
(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

進行後に関する記事

痛みがなくなっても痛風は治っていない!もし痛風を放置してしまうと、どう進行していくの?

  痛風というのは、風が吹いただけでも痛いと言われる激痛がよく知られていますが...

尿酸は本当に悪いトコロだけしかない?意外!痛風でアルツハイマーの発症率が減る?

  痛風のイメージから、どうしても尿酸やプリン体というのは、「悪いもの」として...


意外な病気の関係性 「痛風」は「腎障害」も併発する可能性大?

    贅沢病と呼ばれる痛風ですが、血液中の尿酸値が高くなることで引き起...

痛風の合併症、腎臓の病気

痛風は進行していくと様々な合併症を引き起こす病気です。中には命にかかわるよう...

カラダノートひろば

進行後の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る