カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. 胸部 >
  5. 子どもが鳩胸気味?鳩胸になる原因とは?親が注意したいポイント

育児

子どもが鳩胸気味?鳩胸になる原因とは?親が注意したいポイント

%E8%83%B81.jpg

子どもの胸がなんだが前に出ているような気がする、と悩んでいる親御さんもおられるのではないでしょうか。

もしかしたらそれは「鳩胸」かもしれません。

 

ここでは、子どもの「鳩胸」について、その症状と特徴、注意点をまとめてみました。

 

鳩胸の症状とは?

胸の中心に触れたときに、縦に伸びる骨があります。これは胸骨といいます。
そしてこの胸骨がまるでハトのように前に出ている状態を「鳩胸」といいます。

 

鳩胸は一目見て分かりやすい異常のため、なんだか心配になってしまいますが、肺や心臓への負担はあまりありません。

外観以外には無症状であることが多いのです。

 

しいていうなら、目立つ外観を患者本人が気にしてしまい、精神的苦痛を伴うことがあることぐらいでしょうか。

 

鳩胸の原因と特徴

鳩胸は先天的な肋骨(または軟骨)の前方過剰発育によって起こります。
同一家系に発症することも多く、遺伝が関係しているのでは?と考えられています。

 

ただし、上記のように外見以外は特に目立った不都合もなく、また軽度であれば成長と共に目立たなくなります。

 

注意点

遺伝的なものは仕方のないことですが、実は後天的要因で鳩胸になることもあります。

 

ビタミンDの不足から「くる病」にかかり、それが原因で鳩胸になってしまうケースです。

特にあまり日光に当たる機会のない乳幼児は注意が必要です。

ただしこの場合は、くる病の治療をすることで鳩胸も治ります。

 

また幼少期からの肥満が原因で鳩胸になるケースもあります。

こちらは残念ながらその後痩せたとしても膨らんだ胸骨は元には戻りませんので、注意が必要です。

 

「くる病」は日光浴(紫外線を浴びることでビタミンDが生成されます)を習慣とすれば防げますし、肥満は食生活や適度な運動に気を配れば防げます。

後天的な要因はなるべく親が気をつけて防いであげたいものですね。

 

もしお子様が鳩胸の場合、外見が気になる以外に不都合がないので特になにもしなくてもいいのですが、お子様自身が気にしているようでしたら小児科医などに相談してみましょう。

 

(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

胸部に関する記事

心臓→肺の血管が狭くなる「肺動脈狭窄」 治療法は?手術はどうなるの?

生まれながらに心臓の血管に問題があると言われたら、親御さんはとても心配だと思...

多く見られる先天性疾患「肺動脈弁狭窄症」の原因と症状…手術は必要ない?

「肺動脈弁狭窄症(はいどうみゃくべんきょうさくしょう)」は、先天性の病気のひ...

病気と症状の体験談

正月に発熱~病院も正月休みで初めての救急へ~

娘が12月中旬に一度風邪をひき、薬を飲ませ完治。年末年始にまた風邪を引くことはないだろうと思っていま...

1歳1か月で、突発性湿疹になりました

我が家の三女、1歳1か月 先日、ついに突発になりました~高熱が4日間!!先日、我が家の三女が突...

カラダノートひろば

胸部の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る