カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 痛風 >
  4. 食事・レシピ >
  5. 夏のビールを楽しいお酒で終わらせるために…きちんと考えたい悪酔い対策

生活習慣病

夏のビールを楽しいお酒で終わらせるために…きちんと考えたい悪酔い対策

c8229527b474220f57969062c1b85eb6_s.jpg 

ビールがおいしい季節はビールに悩まされる季節でもあります。
お酒を飲んでも自制心を保てるというならよいですが、アルコールを摂取すると自制心がなくなることが多いでしょう。
それでは楽しいお酒で悪酔いしない方法をご紹介します。

夏の美味しいビールの悪酔い対策

美味しいビールを飲むひと時を、そのままの余韻で終わらせるためには何ができるでしょうか?
痛風患者さんはただでさえ、夏は痛風発作を起こしやすい季節です。そのためできるだけ悪酔いしないような、健康的な飲み方を心がけなければなりません。

つまりは健康的においしく楽しくビールを飲む方法ということですね。
健康的というと、少々つまらないようなイメージがついてくるかもしれません。ですが極力おいしいビールを邪魔しない方法をご紹介します。
 

夏の悪酔い対策

・対策は昼食からはじまる

ビールと一緒につまみも食べると思いますが、健康的というと、そのつまみの種類に気を使う方も多いでしょう。
しかし本当に気をつけるべきはその日の昼食です。

というのもつまみはお酒と一緒に食べますよね。
体の中の消化を考えた時、これらを同時に食べても先に消化されるのはアルコールです。つまりアルコールを分解するスタンバイをしておくとよいのです。

 

そこで昼食に何を食べると良いのかが問題です。
アルコールを分解するのに必要なのはまずブドウ糖です。そしてもうひとつがビタミンB1です。
昼食ではこれらを摂取しておくよう心掛けてください。特にビタミンB1は豚肉に多く含まれます。

・脱水状態の体にアルコールはキケン

夕方の体というのは脱水状態であることが多いです。むしろお酒を美味しくするためにわざと、のどを乾いた状態にしておくこともあるでしょう。

 

しかし脱水状態でアルコールを摂取すると、アルコールの血中濃度が高くなってしまい、悪酔いの原因になります。
飛ばして飲み過ぎるとぐんぐんとアルコールの血中濃度が上がります。その結果、すぐに酩酊状態になってしまうかもしれません。
最初の1杯は一気飲みでも、その後のお酒の飲み方には気をつけましょう。

・脱水状態でいることも危険

先にも書きましたが、夕方のビールをおいしくするために喉をカラカラにしておく人がいます。
のどが渇いているというのは、体は脱水状態ということです。水分量が足りないと、血液はドロドロになります。

これで起こりうるのが、血管のつまりから起こる脳梗塞や心筋梗塞などです。特に動脈硬化を起こしている方などは、非常に危険な状態ですので、1杯目のビールよりもこまめな水分補給を優先してください。
 

健康的に、楽しく飲む

特に若い頃と同じような飲み方をしているという方は注意が必要です。
体の中の変化は、体の外からでは気づけていないだけかもしれません。

 

無理な飲み方(自分では無理と思っていないかもしれませんが…)はやめて、こうした方法で楽しいお酒の場にしてください。
(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食事・レシピに関する記事

尿酸値を下げるには食事内容が重要!何をどんなふうに食べるのが効果的?

  尿酸値を下げるための食事といえば、「プリン体の摂取を減らす」ことが有効...

痛風の方に☆プリン体オフのレシピ☆ワカメとトマトのサラダ

    ワカメなどの海藻類や、トマトの野菜のアルカリ性食品は、尿の酸化を防ぎ...


食べものだけじゃない!痛風患者さんは「何を飲むか・どうやって飲むか」も大事!

痛風になると「何を食べるか」に気を使うようになると思います。プリン体の多いも...

夏のビールにはご用心!夏にビールを飲んでも痛風発作を起こさないためには?

  夏と言ったらビールがおいしいですね。若いときには特に何も考えず美味しいビー...

カラダノートひろば

食事・レシピの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る