カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 双極性障害(躁うつ病) >
  4. 治療方法 >
  5. 新規の抗精神病薬「レキサルティ」は、既存のエビリファイとどう違う?

メンタル

新規の抗精神病薬「レキサルティ」は、既存のエビリファイとどう違う?

medications-257389_640.jpg

エビリファイは国内で開発された非定型抗精神病薬ですが、2012年には米国で全医薬品売上No.1にランキングされたほど処方数の多い薬ですが、その理由には「適応範囲が広い」こと、また「副作用が少ない」ことがあげられます。

 

しかし、昨年度に特許が切れたことでジェネリック発売が間近となり、その後続薬として「レキサルティ」というエビリファイと構造的に非常に類似している新薬が発売となりました。

 

発売前臨床試験によれば、レキサルティの特徴は「さらに副作用が少ない(4%以下で傾眠・体重増加のみ)」「認知機能の改善作用がある」こととされています。

 

エビリファイ・レキサルティの属する「ドパミン部分作動薬(DPA)」とは?

エビリファイは双極性障害には「少量で賦活」「大量で鎮静」作用があると言われています。エビリファイは統合失調症のために開発された薬であるため、統合失調症に特徴的な「ドパミン抑制系が活性」「ドパミン興奮系が抑制」しているという逆転現象を、元に戻す役割があります。

 

ただ双極性障害の場合に少量投与すると「さらに賦活(不眠など)」してしまう可能性がありますが、大量投与ではセロトニン2A受容体遮断によって受容体数そのものが徐々に減り、ドパミンの賦活作用と釣り合いが取れて改善されると考えられています。

 

<DPAの作用>

■ドパミン受容体2(=D2)遮断

⇒陽性症状改善

 

■セロトニン1A受容体(=5-HT1A)刺激

⇒抗不安

 

■セロトニン2A受容体(=5-HT2A)遮断

⇒睡眠・鎮静

 

臨床試験の結果は?

レキサルティ発売前臨床試験では、以下のような内容が報告されています。

 

■大うつ病へのレキサルティ2~3mg×6ヶ月投与で、中等度から正常へ改善(大塚製薬)

【対象】

約4,300人の大うつ病の診断基準(DSM-IV-TR)を満たす、1~3剤の8週間の抗うつ薬治療十分な改善がみられなかった患者

【試験内容】

6週間にわたり、レキサルティの投与を行った。試験の評価はMADRS(うつ病評価尺度)にて行った。

【結果】

・レキサルティ+抗うつ剤併用群では、MADRSの平均基準点27点から⇒2mg投与群:約8点、3mg投与群:約8点へ減少

・プラセボ+抗うつ剤併用群では、MADRSの平均基準点27点から⇒2mg投与群:約5点減少、3mg投与群:約6点へ減少

(※スコアの評価は、軽症うつ病:12~21点、中等症:22~30点、重症:30点以上)

 

・副作用による試験の中止率は、レキサルティ+抗うつ剤群では、全体の3%(うち発症率:アカシジア9%・体重増加7%)

・プラセボ+抗うつ剤併用群は、全体の1%((うち発症率:アカシジア2%・体重増加2%)

となった。

 

最後に

レキサルティは、現時点では統合失調症と大うつ病のみに適応は限られていますが、エビリファイのように双極性障害にも適応拡大される可能性があります。今後の動向に期待したいところです。

(photoby:pixabay

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療方法に関する記事

双極性障害のストレスへの脆弱性は、キンドリング現象が関連する?抗てんかん薬の有効性とは?!

双極性障害とてんかんは、近年の研究でその発症原因に多くの共通点が見られるとい...

長期化しやすい躁うつ病治療

  躁うつ病の治療には基本的に薬物療法と精神療法が用いられます。うつ病の場合、...


躁うつ病、こんな治療法もあります!「電気ショック療法」

  躁うつ病とは、気分の良い状態と、気分が沈んだ状態が交互に現れる病気です。気...

双極性障害は脱髄性疾患だった?デパケンが脳の抑制系ネットワーク障害を改善!?

デパケンという抗てんかん薬は、双極性障害の中でも「混合状態やラピッドサイクラ...

カラダノートひろば

治療方法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る