カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 腹部・消化器の病気 >
  5. 赤ちゃんの下痢が続いてる…乳児の単一症候性下痢の症状・親が気をつけること

育児・子供の病気

赤ちゃんの下痢が続いてる…乳児の単一症候性下痢の症状・親が気をつけること

baby-408262_1280.jpg

生まれて間のない赤ちゃんが、元気なのに下痢症状が続いていたりすることがあります。
食欲もあって機嫌もいいのに、軟便がずっと続くことがあります。

下痢が続くということだけでママは心配になってしまいますよね。

他の症状はなく、下痢だけの症状がある病気を単一症候性下痢といいます。

このような症状になってしまったときに、ママはどうしたらよいのでしょう。

 

単一症候性下痢ってどんな病気?

母乳やミルクを飲んでいる乳児は1日に何回も軟便なことはあります。

これは母乳やミルクによって腸が刺激されて、腸の動きが活発になり排便が多くなります。

また、母乳やミルクはほとんど水分です。
吸収されなかった水分が一緒に排出されることにより便が柔らかくなるのです。

便にはツブツブが見られて緑色であったりします。

 

どのように対処すればいいの?

特に下痢以外の症状はありません。顔色も良くて食欲もあります。

機嫌が良くて体重も順調に増えているようであれば様子をみて問題視しなくても大丈夫でしょう。

下痢症状が続いて、食欲がなく体重が減ってしまうような場合には病院で治療を受けてください。
先生が症状に応じて下痢止めなどの薬を処方してくれるでしょう。

脱水症状にならないように注意!

また、下痢が続くということは水分が体外に出て行ってしまうということです。
脱水症状にならないようにこまめに水分を与えてあげるようにしましょう。

乳児の場合は母乳を飲んで下痢をするからといって、母乳の回数を減らしたり与えなかったりはしないようにしてください。
母乳をやめることで赤ちゃんにとっての栄養が不足してしまいます。
そのことで体重が減ってしまったり逆効果です。
いつもと同じように母乳を与えるようにしましょう。

あまり心配のいらない乳児の下痢というのもあるのですね。

ただ症状によっては治療が必要になる場合があります。

ママとしては常にわが子を観察して、少しの変化にもすばやく対応できるようにしておいきたいですよね。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

腹部・消化器の病気に関する記事

嘔吐、けいれん症状が出たらチェック!子どもの高アンモニア血症の治療法

アンモニアという言葉は聞いたことがあるでしょうか。 これは人の体にとって有...

子どもが運動のしすぎで吐いてしまう!?アセトン血性嘔吐症の対処法

子どもが風邪をひいていたり、体調が悪い時に、吐いてしまうことがありますよね。...

腹部・消化器の病気の体験談

胃腸は元気なのに、就寝時に嘔吐。その原因は…?!

生後6ヶ月を過ぎた当たりから、見事に風邪をひくようになった我が息子。 保育園などにか通っていないも...

ノロかも?とうとう急性胃腸炎に!

ノロウイルスをはじめウィルス性の胃腸炎はこわいものです。 ニュースや噂では知っていたものの、実際に...

カラダノートひろば

腹部・消化器の病気の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る