カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 腹部・消化器の病気 >
  5. アセトン血性嘔吐症 >
  6. 子どもが運動のしすぎで吐いてしまう!?アセトン血性嘔吐症の対処法

育児・子供の病気

子どもが運動のしすぎで吐いてしまう!?アセトン血性嘔吐症の対処法

a0022_000237.jpg

子どもが風邪をひいていたり、体調が悪い時に、吐いてしまうことがありますよね。
何か飲ませても吐いてしまい、結局水分が摂れずに脱水で点滴が必要になってしまう。

これはアセトン血性嘔吐症とよばれる病気です。

あまり聞き慣れない病気ですね。
この病気はどのような病気なのでしょう。対処法と親がしてあげられるケアについてまとめました。

アセトン血性嘔吐症ってどんな病気なの?

昔は自家中毒ともよばれていました。
運動会、遠足は体をたくさん動かしますよね。
それで疲れてしまい夕食を摂らすに寝てしまい翌日にぐったりして起きられず、何かを飲んだり食べたりしても吐いてしまう。

また、かぜをひいて熱が出たりするたびに吐いてしまう。

このような症状が出てしまいます。

 

アセトン血性嘔吐症の原因

人間は体を動かすのに、糖が大変重要な役割をします。

この糖は体の中の肝臓や筋肉に貯蔵されています。

肝臓の中に貯蔵された糖は量的にもあまり多くないため、短い時間で足りなくなってしまいます。

特に小さな子どもは貯蔵する量が大人よりも少ないためにすぐに使い果たしてしまいます。

体の中の糖が足りなくなってしまうと、その次は脂肪を分解して栄養源とします。
その脂肪を分解したときにケトン体という代謝物が一緒に作られます。
このケトン体が血液中に増えてしまい吐き気などの症状が出ます。

また糖を使い切ってしまうので、血糖値も下がってしまいます。
血糖値が下がってしまうと低血糖症状という症状が出てきます。

この低血糖症状とは、体の倦怠感、吐き気、眠気などです。

ひどくなると気を失ってしまったり、脳にダメージを与えてしまったりするため、注意が必要です。

 

どのように対処すればいい?

まず使い切ってしまった糖を補給しなければいけません。

すぐに吐いてしまう時には脱水症状になってしまう心配があります。

・こまめな水分補給

これを避けるためにこまめな水分補給を行ってください。
水分の吸収率が高いスポーツドリンクや経口補水液などをスプーンを使って少量ずつ飲ませてあげましょう。
回数を何回にもわけることがポイントです。

・規則正しい食生活を

普段の食生活も気を付けてください。
規則正しい食生活を心がけて、食事は高タンパクで脂肪分が少ないものにしましょう。
日頃の生活を気をつけているにもかかわらず、頻繁に吐いてしまうというような場合には病院を受診して医師に相談しましょう。
 

(Photo by:足成

著者: bellj375さん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

アセトン血性嘔吐症に関する記事

うちの子は吐きやすいけど、何かの病気の可能性がある?

   自家中毒という病気を聞いたことがあるでしょうか。昔からよく吐く子がいまし...

病気と症状の体験談

あかちゃんの皮膚トラブル対処法!

生後0~1か月の頃は脂漏性湿疹で皮膚ケアをがんばる日々でしたが、やっと完治。しかし、今度は生後二ヶ月...

脂漏性湿疹や汗疹、湿疹。あかちゃんの皮膚トラブル

あかちゃんのお肌はとても繊細。新生児期は脂漏性湿疹に悩まされましたが、3ヶ月ごろは首や足の付け根の深...

カラダノートひろば

アセトン血性嘔吐症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る