カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 腹部・消化器の病気 >
  5. 反復性腹痛 >
  6. 繰り返し腹痛を訴える!?子どもの心身症のひとつ"反復性腹痛"の対処法

育児・子供の病気

繰り返し腹痛を訴える!?子どもの心身症のひとつ"反復性腹痛"の対処法

child-770213_1280(1).jpg

子どもがお腹が痛いと訴えることはよくあります。

ただあまりにも繰り返し訴える場合には心配になりますよね。

病院に受診しても先生に特に異常ありませんよといわれることがあります。

それなのに、腹痛を訴えてくるわが子。どうしたらいいのでしょう。

今回は、子どもの反復性腹痛の対処法についてまとめました。

どんな病気なの?

病院の先生から異常はありません、と言われたにもかかわらず腹痛を訴えている…これは反復性腹痛といわれる病気かもしれません。

この病気は幼児に多いと言われ、心身症のひとつであるといわれています。つまり心の病気ですね。

 

腹痛の訴えが1カ月に1回から数回、3か月以上続いて日常生活に支障をきたすような痛みがあります。

腹痛が起きた時には顔色が悪く冷や汗が出ます。
午前中に症状が出ると、午後にはおさまってしまいます。

そして週末や休日には訴えが減り 、自然に治るけど再発します。

中には頭痛、下痢、便秘、倦怠感などの症状を訴える事があります。

 

反復性腹痛の原因はストレス

この病気はこころの病気のひとつといわれており、原因はストレスです。

ストレスが溜まることにより、自律神経が乱れて消化器官の血流が悪くなり、けいれんを起こすことによって痛みが起こります。

症状は比較的すぐに治まりますが、ストレスがまた溜まると再発して悪化します。

 

反復性腹痛の治療法は?

腹痛の訴えがなかなか治まらない場合には小児科を受診しましょう。

検査をして特に身体的に異常がない場合には、その症状に応じた薬を処方してもらえます。

例えば痛みどめ、下痢止め、整腸剤などです。
この病気は精神的要因が大きいため、状態により抗不安薬などが処方されることもあります。


反復性腹痛を日常から治すには

まずは生活の中で子どものストレスの原因になるものを取り除きましょう。

親もストレスでイライラしていたりすると、それが子どもにも影響してしまうこともあるので注意が必要です。

幼児は言葉がまだうまく話せません。自分の気持ちを上手に伝える事ができません。

それでストレスを抱えてしまうこともあるかもしれません。

親は子どもの話を聞き、子どもと時間をかけてコミュニケーションを図ることが大切です。

 

反復性腹痛は、決して仮病ではありません。

子どもの気持ちをゆっくり聞き入れて理解していくことが大切なのですね。

 

(Photo by:pixabay

著者: bellj375さん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

病気と症状の体験談

大流行!RSウイルスにご注意。

今年はRSウイルスがかなり流行していますね。私の甥っ子、姪っ子も先月にこのウイルスにかかり大騒動でし...

赤ちゃんのめやにが多い!は眼科に行こう。鼻涙管閉塞。

長男はいつもめやにが出ていました。 めやにだけでなく、まつげがつねに濡れていました。 朝になると...

カラダノートひろば

反復性腹痛の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る