カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 腹部・消化器の病気 >
  5. 乳児難治性下痢 >
  6. 乳児の重い下痢~乳児難治性下痢~と診断された場合の対処法

育児・子供の病気

乳児の重い下痢~乳児難治性下痢~と診断された場合の対処法

baby-472926_1280.jpg

生まれて間もない赤ちゃんの下痢が続くと、とても心配です。

乳児の下痢の中には、症状の重い下痢があります。

 

病院を受診するし、難治性の下痢と診断されてしまったらどうしたらいいのでしょう?

今回は、乳児難治性下痢と診断された場合の対処法についてまとめました。

 

乳児難治性下痢とは?

乳児難治性下痢(にゅうじなんちせいげり)は、乳幼児にあらわれる症状です。

胃腸からうまく栄養素が消化、吸収されなかったり、水分が吸収されないなどの症状が3週間以上続きます。

この病気を乳児難治性下痢といいます。

 

水様性の下痢が続きます。

先天性なものがある場合には、生まれて数日で下痢の症状が発生します。

 

また、卵やミルクなどの食べ物にアレルギーを起こして、それらを摂取することにより下痢を起こす場合もあります。

 

乳児性難治性下痢の原因とは?

乳児難治性下痢の原因としては、先天的に膵臓から分泌されなければならない消化酵素が思うように分泌されないことです。

分泌されず働きがわるい場合があって、先天性の欠損症により症状がでます。

 

また、栄養素を吸収するはずの腸の粘膜に異常がある場合です。

性腸症や先天性クロール下痢症、先天性微絨毛委縮症、大腸菌感染性腸炎などにかかっている可能性が疑われます。

 

さらに腸の運動が亢進(こうしん)されすぎている場合もあり、甲状腺機能亢進症や過敏性腸症候群などの病気が疑われます。

これらはすべて、腸がうまく働かずに水分の吸収ができないため、その水分がそのまま下痢となって出てしまっているのです。

 

乳児難治性下痢の治療法は?

乳幼児の難治性下痢症は、先天性の場合がほとんどです。

食べ物によりアレルギーも考えられるので、疑わしい食べ物は摂取しないように気をつけましょう。

 

下痢症状が1週間以上続いたり、体重が明らかに減少しているといった異常に気が付いたら、すぐに先生に相談するようにしましょう。

 

水分は思うように吸収できないのですが、脱水症状になって悪化してしまったら大変です。

様子をみながら、少量ずつこまめに水分補給をおこなうようにしましょう。

 

症状がひどくなって治療が大変になるまえに、子どもに異常がないかをママが観察していくのはとても大切なことですよね。

 

(Photo by:pixabay

著者: bellj375さん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

乳児難治性下痢に関する記事

難治性の下痢?脱水症状に気をつけて

  難治性下痢とは、様々な理由で下痢が長く続くことを言います。赤ちゃんの下痢は...

病気と症状の体験談

大流行!RSウイルスにご注意。

今年はRSウイルスがかなり流行していますね。私の甥っ子、姪っ子も先月にこのウイルスにかかり大騒動でし...

赤ちゃんのめやにが多い!は眼科に行こう。鼻涙管閉塞。

長男はいつもめやにが出ていました。 めやにだけでなく、まつげがつねに濡れていました。 朝になると...

カラダノートひろば

乳児難治性下痢の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る