カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 胸部 >
  5. 房室中核欠損 >
  6. ダウン症候群を伴うことが多い!?房室中隔欠損の症状とは

育児・子供の病気

ダウン症候群を伴うことが多い!?房室中隔欠損の症状とは

child-807544_640.jpg 

房室中隔欠損という症状をご存知ですか?
あまり聞き慣れない病名ですよね。
心臓の病気はどれも重大なものに思え、ママにとっては不安の種だと思います。
ここでは、房室中隔欠損の症状やその特徴・原因は何なのかということについて調べてみました。

 

房室中隔欠損症について

心臓には、右心室、右心房、左心室、左心房の4つの部屋があります。この部屋が繋がる部分に孔が空いている状態を指します。
右心房・左心房の間にだけ孔があるものは不完全房室中隔欠損と呼ばれ、両方に孔があるものは完全房室中隔欠損と呼ばれています。

 

この完全房室中隔欠損は、ダウン症候群を伴うことが多い、と言われています。

 

症状と特徴

出生後には肺高血圧が見られ、あいている孔が原因で肺にたくさんの血液が流れこむようにります。
そうすると、呼吸困難(心不全)を起こしたり、哺乳力が衰え、ミルク・おっぱいの飲みが悪くなったり、それに伴い体重増加が不良となります。

 

また、呼吸が早かったり汗を異常にかく、などの症状が見られることもあります。
なお、血液の逆流が起こると心不全が悪化し、チアノーゼ(低酸素血症)も起こしてしまう可能性があるので注意が必要です。

 

どうやって治療するのか

一般的には外科的な手術が必要となります。
あいている孔を閉じ、血流の流れを正常に戻すことが目的です。
孔の部分を直接縫うか、あるいは人口パッチを縫い付けて閉じる方法がとられます。

 

これらの手術によって、心不全やチアノーゼなどの重症化を防ぐことができます。

 

長い見守りが必要です

手術は1~4歳程度で行われ、術後は比較的良好に推移すると言われていますが、定期的な検査などによって経過観察をすることが重要です。
弁機能に異常が見られる場合など、改めて手術が必要なこともあります。

この機能が将来の心機能を左右しますので、医師もしっかりと観察を続けるはずです。

 

乳児期にはしっかりと栄養を補給できるよう、ママが栄養バランスのよい食事を心がけ、赤ちゃんに授乳してあげてくださいね。

離乳食が始まって以降もバランスのよい食事や適度な運動で抵抗力などをつけていくことが重要です。

 

お子さんの異変にいち早く気づけるのはママを始めご家族の皆さんです。
毎日の生活の中でおかしいな、と思ったり、不安なことがあれば遠慮なく医師に相談し、不安の少ない毎日を過ごしましょう!

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

病気と症状の体験談

1歳1か月で、突発性湿疹になりました

我が家の三女、1歳1か月 先日、ついに突発になりました~高熱が4日間!!先日、我が家の三女が突...

突発性発疹やノロウイルス。子供たちがかかった病気

我が家の二人の娘たちがかかった病気について書いて行きたいと思います。 ほとんどの赤ちゃんがかか...

カラダノートひろば

房室中核欠損の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る