カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 治療 >
  5. メンタル >
  6. 治療方針は患者が決める!がんとインフォームド・コンセント

ガン・悪性腫瘍

治療方針は患者が決める!がんとインフォームド・コンセント

 

インフォームド・コンセントは診療に際し医師が患者さんに丁寧な説明を行い、患者がその説明内容を理解して同意することです。

がん患者さんにはなぜインフォームド・コンセントが重要なのでしょうか?

 

・がん患者さんへの重要性            

どんな患者さんであっても十分なインフォームド・コンセントは必要ですが、がんの場合は特に診療や看護の過程で重要な位置を占めます。

それはがんが重篤な疾患の一つで、心身に多大な負担をかけながら闘病しなければならないからです。

治療には化学療法の副作用を軽減するためのセルフケアも欠かせませんが、その意味や必要性が理解できないままだと患者さんは実行しにくいです。

 

・治療方針を患者さんが決める          

「可能性があるならどんな治療法でも行っていきたい」

「再発や転移のリスクがあったとしてもできるだけ体の機能を温存したい」

など治療に対して患者さんには様々な要望があります。

これを考慮したうえで最適な治療法を選択するためにも医療者と患者さんは情報を共有する必要があるのです。

 

 

小さい子供や認知症のある高齢者などの特別な場合を除き、原則として病名をはじめ、治療方法や治療によって予想されること、選択肢その他全ての情報を患者さんには告げるべきでしょうね。

 

 

 

(Photo by //www.photo-ac.com/main/detail/3782?title=)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

メンタルに関する記事

丹田呼吸で気持ちを安定させる!心を落ち着けるための呼吸法

がんを告知された時、患者本人、そして家族にも不安が生まれます。がんの不安を少しで...

心理的支援は不可欠!サイコ・オンコロジーでがん患者の心のケア

  がん患者は受診前から精神的なストレスを抱えており、それが少しずつ形を変...


ストレスが多いがん治療で生じる適応障害…カウンセリングや薬物療法で解決!

  ストレスの大きい出来事に対処できないと適応障害を生じることがあります。 ...

大きくならない前に対処したいがん治療で伴う「不安」…誰に相談する?どんなサポートがある?

  がん治療は例え初期のがんと言われても、再発や転移といった可能性がついてまわ...

カラダノートひろば

メンタルの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る