カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 新生児の病気・症状 >
  5. 新生児肝炎 >
  6. 黄疸が長引いている、便の色が白っぽい、その症状新生児肝炎かも!

育児・子供の病気

黄疸が長引いている、便の色が白っぽい、その症状新生児肝炎かも!

bbabfb954962537388b480b91df3740a_s.jpg

新生児の肝炎は一般的に言われるウイルス性の肝炎とは異なります。では新生児肝炎とはどのようなものなのでしょうか。

 

原因ははっきりしていない

肝臓の中に胆汁が蓄積することによって、直接ビリルビンが高くなり肝障害を示しますが、原因ははっきりと分かっていません。

 

診断方法

他の胆汁うっ滞を示す病気を除外することによって診断が付きます。

 

胆道閉鎖症や総胆管拡張症などを中心に、ウイルス感染、代謝性疾患、内分泌性疾患などの可能性を否定していきます。さらに、肝生検を行い、多核巨細胞など特徴的な所見を確認し、診断します。

 

どのような症状が出るの?

一般的には生後2ヶ月以内に症状が出ます。

 

生後1ヶ月を過ぎても黄疸(皮膚が黄色い)が長引いている。便の色が淡黄色~灰白色などが主な症状。

その他にも肝腫大、褐色尿、肝障害や体重増加不良なども見られます。

 

治療方法は?

新生児肝炎が発症しても、95%は1歳までに完治します。しかし、急速に肝障害が進み、死に至る危険もあるので注意が必要です。

 

主に内科的な治療が行われます。胆汁うっ滞に対してはウルソ酸、肝細胞を保護するのにタウリンなどがよく使われます。胆汁うっ滞がひどい場合はステロイドを使うこともあります。

 

その他にも栄養管理や脂溶性ビタミンの補充、ミルクも中鎖脂肪酸を含むMCTミルクが使用されたりします。

ステロイド薬を使用するにあたって、長期的に使用する場合は、免疫力の低下により感染症にかかりやすかったり、糖や骨の代謝異常や、肥満や低身長などの成長障害などの副作用がでてくる可能性があるので、注意しながら使われます。

 

新生児肝炎かなと思ったら

新生児期特徴の黄疸が長引いている気がする、便の色が白っぽいなどの場合、すぐに小児科に受診しましょう。

 

便の色が白っぽくなる胆道閉鎖症の場合は生後早期に診断し手術しなければいけませんので、個人での判断は危険です。



新生児肝炎の多くは予後良好ですが、肝障害が長引いたり、急に進行する場合もあるので、少しでもおかしいなと感じたらすぐに受診するようにしましょう。
(Photo by:写真AC

著者: ゆたいさりさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

新生児肝炎に関する記事

新生児肝炎ってちゃんと治るの?症状と注意点・治療法について

肝炎と聞くと重大な病気を連想して心配になりますよね。新生児に現れる肝炎とは、...

生まれたばかりの赤ちゃんに強い黄疸…もしも新生児肝炎と診断されたら?

  頑張った出産!ようやく会えた赤ちゃんとの生活♪しかし、黄疸が強いな…と思っ...

病気と症状の体験談

あかちゃんの皮膚トラブル対処法!

生後0~1か月の頃は脂漏性湿疹で皮膚ケアをがんばる日々でしたが、やっと完治。しかし、今度は生後二ヶ月...

脂漏性湿疹や汗疹、湿疹。あかちゃんの皮膚トラブル

あかちゃんのお肌はとても繊細。新生児期は脂漏性湿疹に悩まされましたが、3ヶ月ごろは首や足の付け根の深...

カラダノートひろば

新生児肝炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る