カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. うつる病気 >
  5. 突発性発疹 >
  6. 赤ちゃんの初めての熱と言えば…突発性発疹!ただし自己判断は禁物!知っておきたい特徴や症状

育児・子供の病気

赤ちゃんの初めての熱と言えば…突発性発疹!ただし自己判断は禁物!知っておきたい特徴や症状

78bbda370b0b9e9fb2874c35e043c851_s.jpg

今まで熱を出したことがない赤ちゃんがいきなり高熱を出したら、それはもしかしたら突発性発疹というものかもしれません。

 

育児をはじめたばかりの新米ママはもちろん、小さい赤ちゃんがいるご家庭では是非知っておきたい、突発性発疹についてご紹介します。

 

症状とは

今まで何ともなかった赤ちゃんが、急に38度以上の高熱を出します。熱は39~40度くらいになることもあり、3~4日続きます。

 

その後急に熱が下がり、半日後くらいに胸やお腹を中心に体中に赤くブツブツとした発疹が出ます。

 

発疹は2~3日で消失し、あとは残りません。

 

その他の症状としては、熱が出て1~2日目に口の中の扁桃腺の上あたりに赤みのある小さな発疹ができることがあります。また、発熱して3日後くらいに下痢をすることもあります。

 

原因な何?

大人ならほとんどの人がもっている、ヒトヘルペスウイルスの感染によって起こります。

 

お母さんのお腹の中でもらった免疫がなくなる、生後4~6ヶ月頃から2歳くらいまでの乳幼児によく見られます。

 

突発性発疹の特徴

突発性発疹は比較的元気で食欲もあまり落ちないことが特徴ですが、中にはぐったりして食欲が落ちる子もいます。

 

また、高熱のために熱性けいれんを起こす場合があります。

 

かかった時の注意点

初めて高熱が出たからと言って、必ずしも突発性発疹とは限りません。突発性発疹は発疹が出て初めて診断されます。

他の病気で高熱が出ている可能性もあるので、自己判断せず高熱が出た場合は受診しましょう。

 

また、突発性発疹は熱が下がって発疹が出たら、病気自体は完治と言えますが、発熱で消耗が激しいため、身体の抵抗力は下がっています。

そのため、他の感染症にかかりやすくなっているので、しばらくは無理をさせないようにしましょう。

 

また、高熱が急に出るので熱性けいれんを起こす赤ちゃんも中にはいます。

突発性発疹の知識と共に、熱性けいれんの特徴と対処法を、事前に確認しておく必要があります。

 

 

生後まもない赤ちゃんはお母さんからもらった免疫で守られていますが、その免疫が低下してくる生後半年頃の赤ちゃんは様々な病気を発症します。

赤ちゃんの初めての熱として代表的な突発性発疹は、知っておきたい病気です。
(Photo by:写真AC

著者: ゆたいさりさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

突発性発疹に関する記事

覚えて損なし!突発性発疹にかかった時の対処法!子供は具合の良し悪しを伝えられません!

赤ちゃんの初めてのお熱として多い、突発性発疹。 初めての高熱に、どうすれば...

突発性発疹の体験談

連日の高熱。2回目の突発性発疹でした!!

冬になり、体調を崩すことが多くなった我が家 先日三女が高熱が続き心配していたら、なんと2回目の...

子どもの病気で多い突発性発疹

◾︎数日の高熱が始まり 長男の時はお腹にポツポツと発疹ができるだけだったんですが次男の時は驚きまし...

カラダノートひろば

突発性発疹の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る