カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 気管支炎 >
  5. 呼吸が苦しそう…子供の細気管支炎。こんな症状がでたら病院を受診!

育児・子供の病気

呼吸が苦しそう…子供の細気管支炎。こんな症状がでたら病院を受診!

acb2d5d85db6614847373795597dfdbb_s.jpg  

気管支の奥にあり、気管支が枝分かれして細くなった部分を細気管支と言います。この細気管支にウイルスが感染して炎症が起きた状態が細気管支炎。

 

子供の細気管支炎は急に進行することもあり、注意する病気ですが、細気管支炎とはどのようなものなのか、症状や特徴、注意点をご紹介したいと思います。

 

かかりやすい月齢・季節

2歳未満の乳幼児、特に6ヶ月未満の赤ちゃんに多く見られます。

冬から春にかけて多いようです。

 

原因となるウイルス

RSウイルス、アデノウイルス、パラインフルエンザウイルスなどです。

 

もっとも多いのがRSウイルスと言われており、70~80%はこのウイルスが原因とされています。RSウイルスはかかり始めは風邪と同じ症状を示します。

 

症状

はじめは発熱や鼻水、くしゃみ、咳など風邪と同じような症状から始まります。それが2~3日続きます。多くの場合熱が出ますが、子供によっては発熱しない子もいます。

 

そのうちに呼吸が速く浅くなり、ヒューヒュー、ゼーゼーという苦しそうな呼吸をするようになります。咳もひどくなり、食欲が落ちます。

 

重症になると

呼吸のたびにみぞおちがへこむ陥没呼吸や、唇やつめが紫色に変色するチアノーゼが見られます。呼吸困難に陥り命にかかわることもあるので注意しましょう。

 

注意点

はじめは風邪と同じ症状から始まります。

 

細気管支炎は進行が早く、風邪がこじれ、咳がひどくなる、呼吸が苦しそう、ヒューヒュー、ゼーゼーなど変な呼吸をしている、陥没呼吸やチアノーゼがある、飲んだり食べたりができないなどの場合は、至急病院へ行きましょう。

 

ひどい場合には呼吸管理が必要になり、入院する場合もあります。

 

乳児では、呼吸停止が最初の症状として見られることもあり、とても重篤な病気です。

 

朝、鼻水が出る程度で元気に遊んでいた赤ちゃんが、夕方にはゼーゼーと呼吸が苦しそうな状態になることも。

 

大した風邪ではないなと、無理をさせたりすると悪化する場合があるので、咳や鼻水をしている場合は無理をせず、子供の状態をしっかり観察しましょう。
(Photo by:写真AC

著者: ゆたいさりさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

気管支炎に関する記事

ただの風邪だ思っていたら細気管支炎だった!気管支炎とは違うの?対処法とホームケア

   赤ちゃんのヒューヒュー、ゼーゼー。それは細気管支炎になっている可能性があ...

気管支炎の体験談

【0歳4か月】赤ちゃんの入院の付添い

生後4か月で急性気管支炎になって入院となってしまった娘。 まだまだ小さいし、母乳育児をしていたため...

【0歳4か月】急性気管支炎での入院に至るまで。

娘が0歳4か月ではじめて入院をしました。 入院までの症状についての体験談を書きたいと思います。 ...

カラダノートひろば

気管支炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る