カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. ただの風邪だ思っていたら細気管支炎だった!気管支炎とは違うの?対処法とホームケア

育児

ただの風邪だ思っていたら細気管支炎だった!気管支炎とは違うの?対処法とホームケア

baby-469280_1280.jpg  

赤ちゃんのヒューヒュー、ゼーゼー。それは細気管支炎になっている可能性があります。そんな時どうしたらいいの?

 

今回は、子供の細気管支炎の時の治療法と対処法をご紹介したいと思います。

 

細気管支炎とは

主に生後2歳未満で、特に生後6ヶ月未満の赤ちゃんに多い、細気管支炎。

はじめは風邪の症状と同じ、発熱や咳、鼻水、くしゃみなどではじまります。

 

空気が太い気管支を経て肺へと送りこまれますが、一番細い空気の通り道がウイルス感染などで炎症を起こし、粘膜が腫れ、粘液分泌が多くなります。そのことにより空気の通りが悪くなり、呼吸が苦しくなります。

 

進行が早く、朝鼻水をたらすだけの子が、夕方呼吸を苦しそうにしている場合も。

 

ゼーゼー、ヒューヒューという呼吸をしている、肩で呼吸をしている、みぞおちあたりがぺこぺこしている(陥没呼吸)、呼吸が速く浅い、唇や顔色が悪い(チアノーゼ)、哺乳力や食欲が落ちているなどの症状が見られたら、細気管支炎かもしれません。

 

まずは緊急受診しましょう

細気管支炎は進行が早い場合があるので、少しでも様子がおかしく、呼吸が苦しそうな場合は緊急受診するようにしましょう。

 

治療法

特効薬はなく、呼吸管理が必要な場合は入院することになります。

 

病院では酸素吸入や脱水予防のための点滴をします。また、抗生物質や気管支を広げるための気管支拡張剤、痰をやわらかくする薬などを投与して治療します。

 

多くは1週間ほどで落ち着き、その後は順調に回復します。

 

ホームケア

軽症の場合は、去痰薬や水分補給などで様子を見ます。

 

部屋が乾燥していると咳がひどくなるので、加湿器を使ったり、洗濯物を室内干しするなどをして、乾燥しないようにしましょう。

 

また、赤ちゃんが咳こんでいる場合は、上体を起こし、背中を軽くたたいてあげると楽になります。咳や痰を出しやすくするためにも水分補給はこまめに行いましょう。

 

細気管支炎にならないために

第一は予防が大切。特に風邪が流行る冬場は特に、手洗いやうがいを徹底しましょう。そして、人ごみを避け、風邪をひいたなと思ったら早めに小児科に受診するようにしましょう。
(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

病気と症状に関する記事

見逃されやすいため、注意が必要な子供のてんかん発作 「複雑部分発作」

  てんかんと言うと、突然意識を失い倒れ泡を吹き全身がガタガタと痙攣を起こ...

食事が原因の感染性胃腸炎対策で重要なことは?

  細菌に汚染された食材を食べることで、下痢や嘔吐、発熱などの胃腸炎症状を...

病気と症状の体験談

正月に発熱~病院も正月休みで初めての救急へ~

娘が12月中旬に一度風邪をひき、薬を飲ませ完治。年末年始にまた風邪を引くことはないだろうと思っていま...

1歳1か月で、突発性湿疹になりました

我が家の三女、1歳1か月 先日、ついに突発になりました~高熱が4日間!!先日、我が家の三女が突...

カラダノートひろば

病気と症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る