カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 腎臓・尿路の病気 >
  5. 良性家族性血尿 >
  6. 良性家族性血尿って赤ちゃんでもなるの?原因は遺伝性?症状&治療法とは

育児・子供の病気

良性家族性血尿って赤ちゃんでもなるの?原因は遺伝性?症状&治療法とは

baby-784608_640.jpg

大人では時折、尿検査の時に「血尿」などという言葉を聞くこともあると思いますが、赤ちゃんでも血尿が出ることはあるのでしょうか?
今回は良性家族性血尿について調べてみました。

 

良性家族性血尿とは

血尿は、そもそも腎臓や尿管、膀胱、尿道から赤血球が尿中に漏れ出てしまうことによって起こるものです。
目で見ても、尿が赤い訳ではないのに…という程度の場合は、糸球体血管と呼ばれる壁が生まれつき薄いことによって赤血球が漏れでたと考えられます。

 

この原因については、感染症やアレルギーなどが引き金となる場合もありますが、大きな原因としてあげられるのが家族性、遺伝的な要素です。
これが、良性家族性血尿です。

 

症状の特徴について

身体に現れる異変は特に無いため、検診などで尿検査を受けた際に、自覚症状なく血尿が出て、発見されることがほとんどです。
よって乳幼児期にこの病気を見つけるのは少しむずかしいと言えます。

 

ただ、この病気の特徴は、異常はあるが軽度で、進行することもなく、成人しても腎機能の低下が見られない、という点にあります。

 

発見は検査次第となりますが、ご家族に血尿の症状を持つ方がいる場合には、気をつけた方がいいかもしれません。

 

治療はするの?

この病気は、前述の通り軽度で腎機能の低下も見られない、予後の良好なものなので、特別な治療は行いません。
ただし、年に数回検尿を行って経過観察をする必要があります。

 

たんぱく尿が見られたり、家系に腎臓病の人がいる場合などには「アルポート症候群」と呼ばれる病気との鑑別が必要になるため、その場合には別の検査が行われます。

 

生活にはどれほどの制限が必要?

血尿の経過観察をしている間、自宅ではどんな生活をすればいいの!?と不安になるママもいるかもしれませんが、特に心配いりません。
大人が腎臓病を患った場合には、運動制限や食事制限が必要となってきますが、子どもには必要ありません。

 

自然治癒を待ち、血尿が見られなくなればそれで完治、ということになります。
遊びたい盛りの子どもに無闇に制限をかけるとそれもストレスになってしまいます。
健康的でバランスのよい食事、適度な運動が一番です。

 

(Photo by:pixabay

著者: mana*さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

病気と症状の体験談

あかちゃんの皮膚トラブル対処法!

生後0~1か月の頃は脂漏性湿疹で皮膚ケアをがんばる日々でしたが、やっと完治。しかし、今度は生後二ヶ月...

脂漏性湿疹や汗疹、湿疹。あかちゃんの皮膚トラブル

あかちゃんのお肌はとても繊細。新生児期は脂漏性湿疹に悩まされましたが、3ヶ月ごろは首や足の付け根の深...

カラダノートひろば

良性家族性血尿の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る