カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 治療 >
  5. 化学療法 >
  6. 作用機序や由来によって分類される「抗がん剤」の種類

ガン・悪性腫瘍

作用機序や由来によって分類される「抗がん剤」の種類

 

抗がん剤は作用機序や由来によっていくつかの種類に分類されます。

 

 抗がん剤の分類                

・アルキル化剤(シクロホスファミド、エンドキサンなど)

アルキル化薬は体内に入るとDNAとの間に異常な結合を形成して、DNAに重篤な損傷を与えます。

これが腫瘍細胞に働くことでDNA合成を阻害して増殖を抑制します。

 

・代謝拮抗剤(フルオロウラシル、メトトレキサートなど)

DNAの構成要素であるプリンなどに類似した構造をもつ低分子化合物です。

正常な代謝物と謝られて細胞内に取り込まれてDNA合成を阻害します。

葉酸類似体やピリミジン類似体、プリン類似体などがあります。

 

・プラチナ化合物(シスプラチン、カルボプラチンなど)

アルキル化薬の一種でプラチナの殺細胞効果に着目して開発されました。

・抗がん性抗生物質(ドキソルビシン、ブレオマイシンなど)

土壌中の微生物によって産生される物質の中で抗がん作用をもつものを指し、核酸の機能と合成に影響を与えます。

 

・分子標的薬(イマチニブ、ハーセプチンなど)

腫瘍細胞の成立メカニズムを解明し、その増殖に係わる分子を標的にして細胞の増殖を抑えます。

 

 

このように様々な薬が存在しており、がんの種類によって効果がある薬が変わってきます。

レジメンといってこれらの薬の組み合わせが決まっている治療法がとられることもあります。

 

 

 

(Photo by //www.photo-ac.com/main/detail/5917?title=)

著者: albaitinさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

化学療法に関する記事

抗がん剤の『効く』『効かない』を事前に判定!『抗がん剤感受性試験』とは?

抗がん剤はがん治療には必須でありますが、副作用が強いことが従来から問題であり...

放射線だけではがんを殺せない?放射線治療は免疫細胞に助けられているんです

  日本においてがんは死因の中で大きな部分を占めます。そのため治療方法において...


抗がん剤治療…目的は?根拠は?効果は?患者は何を考え、判断し、選択するべきか?

  がん治療の選択肢のひとつが、化学療法、つまり抗がん剤による治療です。 し...

体にダメージの少ない放射線治療!でも手術の方が多く選ばれるのはなぜ?

  がんの3大治療法は、手術、抗がん剤治療、そして放射線治療です。 しかし、...

カラダノートひろば

化学療法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る