カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. うつる病気 >
  5. 小児肺炎球菌の症状や特徴とは。感染部位によっては後遺症も!きちんと予防接種を!

育児

小児肺炎球菌の症状や特徴とは。感染部位によっては後遺症も!きちんと予防接種を!

639706c1ba6fe0bbf040609011f25f11_s.jpg  

肺炎球菌は、細菌による子供の感染症の二大原因のひとつと言われています。

 

免疫力の低い子供が発症すると重症になりやすいと言われていますが、どのような症状がでるのか、重症になるとどうなるのかなど、小児肺炎球菌の特徴をご紹介したいと思います。

 

なぜ子供に多いと言われるの?

肺炎球菌という細菌は、生まれたばかりの赤ちゃんは保菌していませんが、ほとんど全ての人が、のどの奥に保菌して生活しています。保育園などの集団生活が始まると、感染してしまいます。

 

肺炎球菌は普段は何も悪さをしなくても、抵抗力が下がったり、病気になる、ならないに関わらず、何らかのきっかけで悪さをすると、発症してしまうのです。

 

とりわけ2歳未満の乳幼児は抵抗力が弱いため、重症化してしまいます。

 

症状は?

のどの奥に潜んでいる菌が、なんらかの原因で体の中に入りこんで症状を起こします。

 

肺炎球菌の多くは、中耳や肺、さらには血液の中に入り全身に感染したり、髄膜に感染することも。そして、感染した部位によって症状は様々です。

 

乳幼児にみられる初期症状は、発熱、元気がない、不機嫌など。肺炎球菌が原因の場合は、熱が急に上がる、短時間で具合がわるくなるなど、進行が早いのも特徴ですが、風邪と区別ができないことが多く、早期診断が難しいとされています。

 

重症になるとどうなるの?

細菌性髄膜炎になると、不機嫌などの症状の後に、ぐったりし、けいれんや意識がなくなるなどの症状が出てきます。

 

抗菌薬が効かない耐性菌も多いので治療することも難しいとされています。

 

さらに肺炎になると、息切れや咳なども見られ、ウイルス性の肺炎に比べ症状が重くなると言われています。

 

また中耳炎では鼓膜が赤く膨らみ、鼓膜の後ろ側に膿がたまることも。中耳炎も重症化しやすくなり、完治しにくくなります。

 

後遺症が残ることも

肺炎球菌を発症し、重症化してしまうと、後遺症を残すこともあります。

髄膜炎による後遺症としては、発達や知能、運動面において障害が残る他、難聴になることも。

 

死亡率や後遺症を残す例もヒブによる髄膜炎より高く、約21%が予後不良とされる恐ろしい病気なのです。

 

肺炎球菌には生後2ヶ月からのワクチン接種が最大の予防とされています。

 

重症化を防ぎ、赤ちゃんを守るためにも早めの予防接種を心がけましょう。

 

(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

うつる病気に関する記事

おたふく風邪の対処法

    おたふく風邪はその正式名称を流行性耳下腺炎と言います。 ●おたふく...

◆赤ちゃんが高熱!~ヘルパンギーナ~◆

    乳幼児に多く見られるのが「ヘルパンギーナ」という病気です。 あまり知られ...

病気と症状の体験談

正月に発熱~病院も正月休みで初めての救急へ~

娘が12月中旬に一度風邪をひき、薬を飲ませ完治。年末年始にまた風邪を引くことはないだろうと思っていま...

1歳1か月で、突発性湿疹になりました

我が家の三女、1歳1か月 先日、ついに突発になりました~高熱が4日間!!先日、我が家の三女が突...

カラダノートひろば

うつる病気の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る