カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. うつる病気 >
  5. 泉熱(エルシニア感染症) >
  6. その水危険かも!?子供に多い泉熱。大人も注意しよう!泉熱の予防法

育児・子供の病気

その水危険かも!?子供に多い泉熱。大人も注意しよう!泉熱の予防法

human-771601_1280.jpg

原因菌であるエルシニア菌に汚染された、湧き水や井戸水、生の食べ物を介して感染する泉熱(いずみねつ)。

 

学童から思春期の子供に多いとされていますが、泉熱と診断された場合、どのようなことに注意したらよいのでしょうか。対処法などと共にご紹介したいと思います。

 

泉熱の特徴

特徴は、川崎病と症状が似ているところ。

 

泉熱は4~10日の潜伏期間を経て、突然の発熱から症状が現れます。

 

38~39度の熱が、1週間から10日の間に二回発熱し、全身にかゆみを伴う発疹が出現します。また、腹痛や嘔吐、下痢、イチゴ舌、目の充血、唇が赤くなるなどの症状が出ます。

 

川崎病と異なり、腹痛や嘔吐、下痢などの消化器症状が強いことが特徴です。

 

さらに重症になると、冠動脈流や腎不全の合併もあり、注意が必要です。

 

検査と診断

生水や生の飲食物を食べていないかの確認を行います。その後に検便を行い検査します。さらに血液検査をして、白血球の上昇や炎症反応が見られるか確認します。

 

治療法

抗菌薬は特に効果がなく、自然治癒する場合が多いです。

 

症状が続き悪化する場合は、服薬して治します。主に抗生物質を内服し、腹痛など消化器症状が強い場合は、整腸剤なども合わせて内服することが多いです。

 

かかった時の対処法

栄養バランスの取れた食生活と安静を心掛けることにより、回復が早くなることもあります。

 

腸に負担のかからないような、消化の良い食事を心掛け、バランスよく摂るように工夫しましょう。

 

また、子供の様子を十分に観察し、医師に詳しく伝えられるようにしておきましょう。

 

泉熱にかからないためには

・まずは湧き水や生水、生の食品を食べないようにしましょう。

 

・冷蔵庫の中でも増殖可能で、冷凍しても菌は生きています。食べる前は十分な加熱をしてから食べましょう。

 

・牛乳も殺菌されたものを飲みましょう。

 

・動物と接触したり、生の食品をさわる機会があれば、十分に手を洗うようにしましょう。

 

・生の食品用のまな板と、その他の食材を切るまな板を別にしましょう。

 

・動物の糞を扱う場合は、衛生的に処理しましょう。

 

 

菌は目に見えないものですが、生水や生の食品を扱う場合は、子供だけではなく、大人も注意するようにしましょう。
(Photo by:写真AC

著者: ゆたいさりさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

泉熱(エルシニア感染症)に関する記事

川崎病と言われたら「泉熱」も疑って。泉熱ってどんな病気?

学童から思春期の子供によく見られる泉熱(いずみねつ)。   感染源となる...

病気と症状の体験談

あかちゃんの皮膚トラブル対処法!

生後0~1か月の頃は脂漏性湿疹で皮膚ケアをがんばる日々でしたが、やっと完治。しかし、今度は生後二ヶ月...

脂漏性湿疹や汗疹、湿疹。あかちゃんの皮膚トラブル

あかちゃんのお肌はとても繊細。新生児期は脂漏性湿疹に悩まされましたが、3ヶ月ごろは首や足の付け根の深...

カラダノートひろば

泉熱(エルシニア感染症)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る